学部について

デザイン工学部とは

社会的ニーズに応える広い視野を持ち、人とのコミュニケーション能力が高く、時代の風に敏感な造形力あふれるデザイナーを養成します。


学部長メッセージ

2007年4月、東京都心の市ヶ谷に「デザイン工学部」は開設されました。法政大学デザイン工学部のミッションは、「工学」と「美学」の融合により、時代に先駆けて、新しい文化を創造する「総合デザイン(ホリスティックデザイン)」の教育と研究です。


特色

モノを創造する、デザインするとは、科学技術と知性が及ばぬところで感性を補うものです。「工学」と「美学」を融合し、時代に先駆けて新しい文化を構築する。このような「総合デザイン(Wholistic Design)」教育が、デザイン工学部のミッションです。


学部教育の目標

これからの工学は、専門知識だけでなく、環境・バイオ・福祉・文化など、幅広い分野を理解する必要があります。全体的な視野を持ったデザインを「ホリスティックデザイン(総合デザイン)」と言います。様々な分野の基礎知識を身につけ、全体を通してコラボレーションを実現できる人材の育成をめざしています。


学部パンフレット

デザイン工学部のパンフレットをPDFでご覧いただけます。


デザインスクール

デザイン工学部ではものづくりやデザインに興味のある高校生向けにデザインスクールを開催します。
講師はデザイン工学部教員が担当します。