都市環境デザイン工学科 教員紹介

宮下 清栄 教授(空間分析研究室)

宮下 清栄 教授

宮下 清栄 教授

環境共生型都市づくり

人口減少、環境制約及び財政制約の時代の新しい都市づくりの方向性として、都市的土地利用の整序・集約化と自然環境の再生を目指し、持続可能な都市形成の構築について研究しています。具体的には人工衛星データを用いてヒートアイランドや生物多様性を考慮した、緑地や建物の配置を検討し再生地域の選定。次により詳細な検討のために各種GISデータを用いた都市空間評価指標の構築と地区レベルの空間分析を行っています。また、今後のまちづくりでは複数の代替案を作成し戦略的な計画アセスメントが必要になります。そこで、都市再生イメージを共有し住民参画を促すために、3次元バーチャルリアリティによる代替案の作成と評価手法の検討を行っています。

研究テーマ空間評価手法の構築、自然環境を考慮した縮小都市時代の地域再生、環境等の便益評価、3次元バーチャルリアリティによる市民参加型まちづくり手法の構築、歩いて暮らせるまちづくり
最近の著書ホスピタリティ・観光辞典(白桃書房)、地域社会の形成と交通政策(東洋間出版)
社会的活動土木学会、都市計画学会、環境情報科学センター、リモートセンシング学会、写真測量学会、福祉のまちづくり学会など会員、土木学会情報利用技術委員会委員、飯能市都市計画審議会委員など
業績自然環境を考慮した縮小都市時代の郊外地域再生(環境情報科学論文集)、定期券データを用いた中量軌道系システムの駅勢圏解析(都市計画論文集)など
実験設備地理情報システム(Arc-GIS,SISなど)、リモートセンシング画像処理(ERDAS,ENVIなど)、3VR(UC-win/Road)、統計解析(SPSS,EXCEL多変量解析など)、交通シミュレーション(STRADA,TRACKSなど)

page top

溝渕 利明 教授(コンクリート材料研究室)

溝渕 利明 教授

溝渕 利明 教授

コンクリートに命を吹き込み、その一生を考える

コンクリートに木の持つしなやかさ、通気性、組織の緻密さ、温かさを取り込み、日本の風土に合ったコンクリートを造っていくのが我研究室の目標です。千年生きた木は、千年持つ材になると言われています。まさに木は2つの命をもった材といえます。ただし,千年持つ材とするためには,千年生かす術を持った宮大工がいたからといえます。木に命を吹込む魔術師のような宮大工、それはピノッキオのゼペットじいさんのような人なのかも知れません。我々もコンクリートに命を吹込む宮大工ならぬコンクリーマンとなって、日本の風土に合った柔らか味と暖かさを持った千年コンクリートを造っていきます。
そんなコンクリートを造るために、コンクリートの宿命であるひび割れをなくす研究をしています。また、コンクリートドクターとして、コンクリートの病気の原因や診察するための器具や方法についての研究も行っています。

研究テーマ
  • コンクリート硬化時の体積変化に伴うひび割れ発生のメカニズムについて
  • 若材齢時のコンクリートの引張挙動に関する研究
  • 電磁波を用いた鉄筋コンクリート中の塩分量推定技術に関する研究
最近の著書田辺忠顕編著,溝渕利明,中村光,石川靖晃,伊藤睦著“初期応力を考慮したRC構造物の非線形解析法とプログラム”,技報堂出版株式会社 日本材料学会編,コンクリート混和材料ハンドブック
社会的活動土木学会 学会誌編集委員会 班長、土木学会 コンクリート標準示方書 ダム編 改訂部会 委員、土木学会 施工法評価委員会 委員、日本コンクリート工学協会 ひび割れ制御指針 改訂委員会 解析WG主査、日本コンクリート工学協会 マスコンクリートソフト作成委員会 委員、日本コンクリート工学協会 技術講習会 幹事他
業績
  • 超音波を用いたコンクリートのひび割れ深さ測定技術の開発
  • 電磁波を用いたコンクリート中の塩分量測定技術の開発
実験設備温度応力シミュレーション装置、断熱型カロリーメータ、コンクリートのインピーダンス測定システム、電子顕微鏡、透水試験装置、透気測定装置、凍結融解試験装置

page top

高見 公雄 教授(都市デザイン研究室)

高見 公雄 教授

高見 公雄 教授

美しく、ふさわしいまちづくり

都市に集中する人口の受け皿として、量的な充足に追われてきたまちづくりは、大きな変革点を迎えています。今後、総人口が減少へと転じていく中で、これまで造ってきた都市を適切な規模に集約し、その質を向上させていくことが求められています。美しく快適な都市を造るための取り組みは全国の市町村などで続けられてきてはいますが、その目標や方法は未だ不透明と言えます。本研究室では、都市デザインを広い概念で捉え、気候風土や地域の持つ地形的要素等と都市基盤、土地利用の調和など、その場所にふさわしく、そして美しいまちづくりの内容と方法について研究しています。

研究テーマ 都市デザインが目指すべき方向とその実施方法に関する研究
最近の著書日本の街を美しくする-法制度・技術・職能を問い直す-(学芸出版社、共著、2006年)、実用都市づくり用語辞典(山海堂、共著、2007年)、中心市街地活性化〈導入機能・施設〉事典(学芸出版社、共著、2004年)、新・都市計画マニュアルⅡ((社)日本都市計画学会編、丸善、共著、2003年)
社会的活動社団法人日本都市計画学会評議員、都市環境デザイン会議代表幹事、韓日環境色彩交流会日本側副会長、特定非営利法人景観デザイン支援機構監事、土木学会
業績 北彩都あさひかわ計画、設計、調整(1991年~現在)、景観法制定に向けた研究(2003年)、震災復興神戸東部新都心(HAT神戸)関連調査・デザイン調整(1995年~1996年)、帯広駅周辺まちづくり計画、地区デザイン(1990年~1995年)

page top

福井 恒明 教授(景観研究室)

福井 恒明 教授

福井 恒明 教授

都市戦略として景観を考える

拡大・成長の時代が終わり、都市や地域の姿が、それを支える仕組みとともに危機に瀕している現在、都市計画や公共事業に対するニーズは都市の活力の維持や新たな魅力の創出、顕在化へと向いています。これに対応するには、個別の都市や地域のありようを丁寧に理解すると同時に、その特質を活かす戦略や方法を総合的に考える視点が必要です。景観研究室ではそうした問題意識に基づき、公共空間や構造物のデザイン、景観計画や関連制度などのプランニング・マネジメント、景観の認識・評価・歴史など、良好な地域景観の創出・保全の考え方や手法について研究しています。

  • 景観研究室ウェブサイト
  • 研究テーマ
    • 都市・地区のイメージ形成に関する研究
    • 景観まちづくりの制度や体制に関する研究
    • 土木史・都市史研究
    • 都市の持続再生に関する研究
    最近の著書
    • 日本の土木遺産 近代化を支えた技術を見に行く(講談社ブルーバックス、分担執筆)
    • 景観用語事典 増補改訂版(彰国社、分担執筆)
    • 景観法と土木の仕事(土木学会、分担執筆)
    • 都市の水辺をデザインする(彰国社、共著)
    • 交通工学ハンドブック2008(交通工学研究会、分担執筆)
    • 景観デザイン規範事例集(国土技術政策総合研究所資料No.433,434)
    • 換気塔のデザイン(国土技術政策総合研究所資料No.572)
    社会的活動
    • 土木学会景観・デザイン委員会 委員
    • 国土交通省国土技術政策総合研究所 公共事業における景観創出に関する研究会 座長
    • 国土交通省関東地方整備局川崎港臨港道路東扇島水江町線景観検討委員会 委員長
    • 国土交通省都市局健康・医療・福祉まちづくり研究会 委員
    • 東日本大震災の被災状況に対応した市街地復興パターン概略検討調査 調査作業監理委員(気仙沼市担当)
    • 千葉県流山市 景観まちづくりアドバイザー
    • 佐渡金銀山調査指導委員会 委員
    • 四万十市文化的景観整備活用計画検討会 評議員
    • 東京都大田区景観計画策定委員会 委員
    業績
    • 土木学会デザイン賞における土木デザインの評価分析(景観・デザイン研究論文集)
    • グレイン論に基づく街並みの歴史的イメージ分析(土木学会論文集)
    • 長野県蟹沢トンネル坑口周辺景観デザイン
    • 「国土交通省所管公共事業における景観検討の基本方針(案)」改定検討
    • 新潟県佐渡市市道大小79号線改良事業設計指導

    page top

    酒井 久和 教授(地震防災研究室)

    酒井 久和 教授

    酒井 久和 教授

    地震による被害を軽減する

    多くの地震対策が施されてきた今日でさえ、大きな地震が起こるたびに人々の尊い命が失われたり、被災者が地震後も苦しい避難生活を余儀なくされたりしています。その一方で、国や地方公共団体の厳しい財政事情、常時の自然環境の保全などにより、全く被害がでない地震対策をとることも現実的ではありません。本研究室では、環境に配慮しつつ限られた予算内で地震による被害を軽減することを目的として、効果的で経済的な地震対策方法や構造物の耐震性評価手法についての研究を行っています。

    研究テーマ
    • 地震時の斜面の信頼性手法に関する研究
    • 地盤災害による道路の復旧期間・費用に関する研究
    • 継続時間の長い地震動に対する土構造物の耐震性評価に関する研究
    • 地盤災害における土砂流動域の検討
    最近の著書
    • 地下構造物の耐震性能照査と地震対策ガイドライン(案)、(土木学会、分担執筆)
    • これからの安全・安心‐災害情報を生かす‐、土木学会誌叢書9、(土木学会、分担執筆)
    • 巨大地震災害への対応検討特別委員会報告書、(土木学会、分担執筆)
    • 2003年5月26日宮城県沖の地震災害調査報告、2003年7月26日宮城県北部の地震災害調査報告、(日本建築学会、分担執筆)
    社会的活動
    • 日本学術振興会科学研究費委員会専門委員
    • 土木学会論文集編集委員会A1分冊編集小委員会 委員
    • 土木学会論文賞選考委員会 幹事長
    • 土木学会地震工学論文集編集小委員会 委員長
    • 日本地震工学会論文集編集委員会 委員
    • 土木学会リスク評価に基づく道路構造物・ネットワークの耐震設計に関する合同研究小委員会 幹事長
    • 土木学会構造工学論文集編集小委員会 地震工学分科会主査ほか委員等歴任
    業績
    • 広域水道管路に対する震害予測手法の提案-2004年新潟県中越地震への適用-(土木学会論文集)
    • 呉市中央地区の小学校通学路における石積み擁壁の地震ハザードマップ(日本建築学会構造系論文集)
    • 非線形地盤震動解析における時間積分法の誤差(土木学会論文集)
    • Non-iterative time integration scheme for nonlinear dynamic FEM analysis(Earthquake Engineering and Structural Dynamics)
    • 効応力解析に基づく基盤入射波の推定(土木学会論文集)
    • GAを用いた基盤入射地震動推定のための非線形地盤特性値の同定(土木学会論文集)
    • 時間領域での基盤入力地震動の推定法に関する基礎的研究(土木学会論文集)ほか

    page top

    道奥 康治 教授(陸水域環境研究室)

    道奥 康治 教授

    道奥 康治 教授

    自然共生を実現するための持続的な川づくりと流域管理の戦略

    適切な計画の下で河川の整備や管理を実施しないと、河川本来の流れや地形に不可逆的な変化を与え、水辺の景観や水質・生態系など自然環境を損ねることがあります。当研究室では、安全で自然との共生を実現するための持続的な川づくり、環境負荷を緩和・最小化するための流域管理の戦略について研究します。様々なインフラの劣化と維持管理は、これからの最も重要な技術課題として注目されています。自然公物である河川は、人為的な管理・利用と気候変動の影響を受けて環境水理学的な特性が変動するため、経年的に劣化する人工構造物とは異なる管理概念が必要となります。水辺から流域に至るまでの様々な規模の空間を対象に川のデザイン戦略を考えていきます。

    研究テーマ
    1. 樹林化した河道における洪水流の観測・解析、河道内樹林の適正管理と空間デザイン
    2. 汚濁浸出水の窒素除去技術、マイクロバブルを用いた貯水池の深層曝気
    3. 石礫など自然材料を用いた河川構造物の水理デザイン
    4. 河川改修に伴う河道地形の経年変化分析、湖沼・貯水地の水質・水理学
    最近の著書
    • 乱流工学ハンドブック(朝倉書店、分担執筆)
    • マイクロバブル・ナノバブルの最新技術II
    • マイクロバブル曝気を用いた陸水域の水質浄化技術(シーエムシー出版、分担執筆)
    • ダムの科学(サイエンス・アイ、分担執筆)
    • 日本・世界 川の事典(丸善、分担執筆)
    社会的活動
    • 土木学会、国際水工学会、日本学術会議など
    業績
    • 複断面開水路における樹林の流水抵抗に関する相当粗度係数、河川敷上の樹木に作用する流体抗力解析とその検証(土木学会論文集B1(水工学))
    • A field experiment and water quality modeling on nitrification of waste landfill leachate by using micro-bubble aeration,Aeration strategy to minimize deoxygenation in reservoir metalimnion (IAHR World Congress)
    • An experimental study on denitrification of leachate continuously loaded from a municipal waste landfill (Intnl. Groundwater Sympo.)

    page top

    鈴木 善晴 教授(水文気象環境研究室)

    鈴木 善晴 教授

    鈴木 善晴 教授

    「環境問題の解決や気象災害の軽減を目指して」

    近年の地球温暖化や発展途上国の近代化等によって自然環境・地球環境が大きく変化し、集中豪雨による被害の多発や環境の酸性化など、我々を取り巻く都市の環境や気候もまた大きな影響を受けることが予想されます。当研究室では、このような地球環境の問題や気象災害の問題を対象に、その影響の予測や対策の検討を行っています。また、「人類と自然環境がいかに共存するか」をテーマに、水文学(地球規模の水循環や水資源などを扱う学問)や水工学に関連する様々な研究に取り組んでいます。

    研究テーマ
    1. 集中豪雨などの降水現象の解明と工学・防災への応用
    2. 温暖化や大気汚染を中心とした地球環境問題の影響評価
    3. 土地利用や水文特性を考慮した適切な流域管理の実現
    社会的活動水文・水資源学会情報基盤システム特別委員会委員、土木学会水工学委員会水文部会委員、土木学会関東支部栃木会広報交流部会委員、日本気象学会会員、日本自然災害学会会員、・日本地球惑星科学連合会員など。
    業績 山岳をトリガーとする風速場の変動が集中豪雨の発生・維持機構に及ぼす影響に関する研究、中国起源の酸性物質に関する移流拡散シミュレーションとその我が国への影響(土木学会水工学論文集)、Study on sulfur dioxide transport from China to Japan using an advection and dispersion model(IMACS-MODSIM09)、Multiscale spatiotemporal variations of precipitation-topography relationship over mountainous complex terrain(Water Down Under 2008)

    page top

    藤山 知加子 教授(複合構造研究室)

    藤山 知加子 教授

    藤山 知加子 教授

    鋼コンクリート構造の疲労耐久性照査

    橋梁をはじめとする構造物設計にかかわる諸問題。現在鉄筋コンクリートおよび鋼・コンクリート合成床版の交通荷重による疲労損傷解析が主なテーマ。関連して、水を含んだ構造材料の動的荷重や衝撃荷重に対する挙動についても基礎的な研究を実施。(研究室の活動:http://lab13.ws.hosei.ac.jp/wp/

    研究テーマ鋼コンクリート合成床版の損傷機構と交通疲労限界状態の照査、コンクリート細孔に存在する凝縮水の圧力変動と移動による構造物動的応答の変化 ほか
    最近の著書土木学会複合構造委員会複合構造標準示方書改定小委員会(2012~)
    土木学会鋼構造委員会道路橋床板の維持管理評価に関する検討小委員会・幹事 (2009~2012) ほか
    業績
    • 平成22年度土木学会田中賞(論文部門)(筆頭著者)
    • 平成20年度 吉田研究奨励賞(単独)
    • SSMS Outstanding Paper Award2010(筆頭著者)
    • SSMS Outstanding Paper Award2009(筆頭著者)
    • Japan Concrete Institute Award (research) 2009(Gebreyouhannesらと共著)
    • コンクリート工学年次論文奨励賞2008(筆頭著者)
    • コンクリート工学年次論文奨励賞2007(筆頭著者)
    ほか

    内田 大介 准教授(鋼構造研究室)

    内田 大介 准教授

    安全な橋を作り、守る

    鋼構造は船舶やクレーンなど様々な分野で適用されていますが、土木分野では橋梁(鋼橋)がメインとなります。当研究室では鋼橋の設計や維持管理に関するテーマについて、実験や解析を実施し、検討を進めて行きます。 設計に関しては溶接継手の疲労設計や高力ボルト摩擦接合継手の設計に関し、基礎的な研究を行います。維持管理については、実際に問題となっている鋼橋の疲労損傷に対して、その補修方法や、新設橋梁での構造改善を提案し、鋼橋の長寿命化に貢献します。

    研究テーマ 鋼床版の疲労に関する研究 溶接継手の疲労強度改善に関する検討 高力ボルト摩擦接合継手のすべり耐力に対する長孔・拡大孔の影響
    最近の著書鋼床版の疲労[2010年改定版](土木学会,丸善,2010年,分担執筆),鋼構造物の疲労設計指針・同解説-付・設計例-[2012年改定版](日本鋼構造協会,技報堂出版,2012年,分担執筆),鋼橋の疲労対策技術(土木学会,丸善,2013年,分担執筆),鋼橋溶接継手部の疲労強度とその向上技術(日本鋼構造協会,2015年,分担執筆),鋼道路橋施工便覧(日本道路協会,丸善,2015年,分担執筆)
    社会的活動<土木学会>鋼構造委員会 幹事,鋼構造委員会 鋼構造物の防食性能の回復に関する調査研究小委員会 幹事長,鋼構造委員会 高力ボルト摩擦接合の設計およびそれを用いた鋼部材の補修・補強に関する調査研究小委員会 幹事,構造工学委員会 構造工学論文集編集小委員会 鋼構造・橋(床版を含む)部門 委員<日本鋼構造協会>鋼橋の強靭化・長寿命化研究委員会 疲労強度研究部会 委員,<鋼橋技術研究会>高力ボルト継手施工部会 幹事長
    業績
  • ・鋼I桁橋の横構ガセット取付部の応力性状と疲労強度改善に関する解析的検討,構造工学論文集,Vol.61A,pp. 650-661 ,2015.3.
  • ・止端仕上げの削り込み深さが面外ガセット溶接継手の疲労強度に及ぼす影響,鋼構造論文集,第23巻第89号,pp. 51-58 ,2016.3.
  • ・鋼床版縦リブ-横リブ交差部の疲労寿命予測に関する一考察,鋼構造年次論文報告集,第24巻,pp.641-648,2016.11.
  • ・面外ガセット溶接継手の疲労強度改善のための止端仕上げ範囲の検討,鋼構造論文集,第23巻第92号,pp. 1-11 ,2016.12.
  • ・鋼床版上面の架設用吊金具残し部の疲労耐久性に関する実験的検討,鋼構造論文集,第24巻第93号,pp. 73-81,2017.3.
  • ・鋼I桁支承部の疲労損傷対策に関する検討,構造工学論文集,Vol.63A,pp. 503-516,2017.3.
  • ・耐候性鋼材を用いた高力ボルト摩擦接合面の表面粗さとすべり係数,鋼構造年次論文報告集,第25巻,pp.48-54,2017.11.
  • page top