デザイン工学部 > ニュース > トピックス > 建築学科川久保俊助教が日本都市計画学会論文奨励賞を受賞しました

建築学科川久保俊助教が日本都市計画学会論文奨励賞を受賞しました

2014年05月26日

日本都市計画学会論文奨励賞

日本都市計画学会論文奨励賞

 建築学科川久保俊助教が日本都市計画学会論文奨励賞を受賞しました。
 授賞対象論文は、「公開統計情報に基づく全国自治体の持続可能性評価に関する研究」です。
 【受賞理由】
 本研究は、一般の利用が可能な公開情報を駆使することにより、全国の自治体を単位に、環境・社会・経済の3 つの観点より低炭素化の努力とそれぞれの地域の持続可能性を評価するという目的のもと、データベースの構築・評価モデルの検討・GIS を用いた分析結果システムの構築および複数の考察事例の提示など一貫した思考で作業を行い、整理している。独自の大規模市民アンケートから提案した評価モデルの妥当性を検討した点においても優れている。よって本研究は、日本都市計画学会論文奨励賞のふさわしい内容を十分に有していると判断された。