デザイン工学部 > ニュース > トピックス > 都市環境デザイン工学科の藤山知加子准教授が2014年度コンクリート工学会賞 (論文賞)を受賞することが決定しました

都市環境デザイン工学科の藤山知加子准教授が2014年度コンクリート工学会賞 (論文賞)を受賞することが決定しました

2014年04月28日

 都市環境デザイン工学科の藤山知加子准教授が2014年度コンクリート工学会賞(論文賞)をXue Juan Tang氏、前川宏一氏、Xue Hui An氏とともに受賞することが決定しました。
 受賞論文は「Pseudo-Cracking Approach to Fatigue life Assessment of RC Bridge Decks in Service」です。
 本論文では、既設コンクリート構造物のひび割れ検査データを有限要素解析のひずみに変換する「疑似クラック法」を提案することにより、損傷を受けたRC床版の残存疲労寿命を推定する手法ついて述べられています。