デザインスクール2013を開催しました

2013年09月04日

 オープンキャンパスのプログラムの一環として、8月25日(日)、受験生を対象にしたデザイン工学部「デザインスクール2013」が、市ヶ谷田町校舎のスタジオで開かれました。
 これは、高校生がデザイン工学部で開講しているデザイン系の授業を体験することによって、デザインすることの楽しさを知ってもらおうと、2012年から開催しているプログラムです。この日は、建築学科、都市環境デザイン工学科、システムデザイン学科に興味がある約50名の高校生が参加し、赤松佳珠子准教授(建築学科)、藤山知加子准教授(都市環境デザイン工学科)、溝渕利明教授(都市環境デザイン工学科)、土屋雅人教授(システムデザイン学科)、および大学院生、学部生の指導のもと、作品を完成させました。


 

【建築学科】世界の名建築といわれる住宅を、各グループに分かれて制作しました。図面をもとに模型として再現し、名建築のすばらしい空間を体験しました。

【建築学科】世界の名建築といわれる住宅を、各グループに分かれて制作しました。図面をもとに模型として再現し、名建築のすばらしい空間を体験しました。

【建築学科】参加者の製作品の一つ

【建築学科】参加者の製作品の一つ

【都市環境デザイン工学科】参加者は世界的なコンテストが開かれる「パスタブリッジ」の制作に挑戦しました。これはパスタを材料に使用して、橋を制作するものです。各自デザインし、制作したパスタブリッジに重りを載せて強度を調べ、全員で品評会を行いました。

【都市環境デザイン工学科】参加者は世界的なコンテストが開かれる「パスタブリッジ」の制作に挑戦しました。これはパスタを材料に使用して、橋を制作するものです。各自デザインし、制作したパスタブリッジに重りを載せて強度を調べ、全員で品評会を行いました。

【都市環境デザイン工学科】参加者の製作品の一つ

【都市環境デザイン工学科】参加者の製作品の一つ

【システムデザイン学科】実際に屋外に出て生物を観察し、そこからアイデアを得て、照明器具の傘を各自デザインしました。参加者全員がみなの前で、自分のデザインをプレゼンテーションし、講評を得ました。

【システムデザイン学科】実際に屋外に出て生物を観察し、そこからアイデアを得て、照明器具の傘を各自デザインしました。参加者全員がみなの前で、自分のデザインをプレゼンテーションし、講評を得ました。

【システムデザイン学科】参加者の製作品の一つ

【システムデザイン学科】参加者の製作品の一つ