キャリアデザイン学部 > ニュース > トピックス > 「体験型授業(キャリア体験C)」工場見学会を実施

「体験型授業(キャリア体験C)」工場見学会を実施

2017年10月10日

キャリア体験学習Cコース テラダイ班

写真① 1日の流れを説明している様子

写真① 1日の流れを説明している様子

キャリアデザイン学部の体験型授業『キャリア体験学習Cコース』(※)では、ダイカストという製法を用いて主に車のエンジン部品を作っている、株式会社テラダイ(埼玉県入間市、代表取締役社長 寺園智樹)との連携プロジェクトを実施しています。
同プロジェクトでは、8月26日(土)にテラダイ工場見学を行いました。
<写真① 1日の流れを説明している様子>

写真② 工場見学の様子

写真② 工場見学の様子

テラダイという会社を様々な人に知ってもらいたいということをテーマに、まずは従業員のご家族にお父さんやお母さんがどういう会社で働いているのかを知ってもらうところから始めようと、今回、初めての試みで工場見学を行いました。
<写真② 工場見学の様子>

写真③ ものづくり体験の様子

写真③ ものづくり体験の様子

誰を対象とするか、どういう企画を盛り込み、どういうスケジュールで進めていくかなど、何度も話し合いを重ねて準備してきました。当日は、工場見学をより楽しんでいだだくために、クイズを出したり、実際に工場で行われていることを簡易化した、ものづくり体験を行ったりしました。6組のご家族に参加していただき、アンケート調査ではとても満足度の高い結果となり、「また来年もやってほしい」等の意見をいただくことができました。
<写真③ ものづくり体験の様子>


                キャリアデザイン学部 2年 野際智未 西田凌平 牧口樹 飯島沙紀

※「キャリア体験学習Cコース」は企業との連携によるプロジェクト型授業(PBL:Project Based Learning)です。2017年度は39名が履修し、8社の協力を得て8つのプロジェクトを実施しています。