支援室の活動

(1)個別面談

入学後も随時面談を行い、障がい学生の相談を受けるとともに支援内容やその方法を検討していきます。

(2)講義保障

面談の結果、支援を行う授業を決定します。詳細は講義保障についてをご覧ください。

(3)定期試験及び授業内試験時の配慮

障がいに応じて、別室受験や時間延長の手続きを行います。また試験監督者へも配慮を依頼します。

(4)教員への配慮事項の伝達

障がい学生が受講すること、配慮してほしい点などを通知します。また通訳者等が入る場合はその旨と、注意事項なども通知します。

(5)各種講習会の実施

聴覚障がい学生のためのノート(パソコン)テイク講座などを実施し、ボランティア学生の確保・育成を行います。

(6)学生生活支援

面談等を通じて、必要な構内設備の改善・充実を図ります。

(7)進路・就職支援

障がい学生向けの就職セミナー等の情報を提供するとともに、特に必要と認められる場合は情報保障者の派遣を行います。