HOME > キャンパスライフ > 健康管理・相談窓口 > 学生相談室 > ~事故で大切な人を亡くされた方、ショックを受けていられる方に~


学生相談室からみなさんへ ~事故で大切な人を亡くされた方、ショックを受けていられる方に~

~事故で大切な人を亡くされた方、ショックを受けていられる方に~
  心が不安定だと感じられたときに、知っておくと役立つこと

学生相談室からみなさんへ

2016年1月15日のバス事故において、亡くなられた学生とその保護者の皆さま、被害に遭われた方、その関係者の方々のご心痛は察するに余りあります。
この事故で亡くなられた方を悼み、傷ついているご自分のお心を支えていかれるにあたり、学生相談室は少しでもみなさんのお役に立ちたいと考えています。

大切な方を亡くされて強いショックを受けたり、いつもより気持ちが不安定だと感じたりしながら、過ごしていられる方はいらっしゃいませんか。
また、ご自身ではなくとも、友人や身近な方の様子を心配して、どのように接するとよいのか戸惑っていられる方もいられるかもしれません。

そこで、心のケアについて、知っておくと役に立つことをお知らせします。
  ・大きなショックを受けた時、心身がどのような状態になりやすいのか
  ・回復のためにはどのようなことが役にたつのか

人の悲しみや痛みには、その方だけの特別な思いがあり、心の回復の過程にもおひとりおひとりの道筋があります。大切な方や仲間、またご自身をケアするには、相手を尊重し、時間をかけてゆっくり見守っていくことが重要です。
もしひとりで抱えることが辛いとか、誰かに話しを聞いてほしいと思われた時には、学生相談室においでください。お一人でも、お友達やご家族と一緒においでになっても構いません。
相談の秘密は尊重します。いつでも、お訪ね下さい。