HOME > キャンパス・施設案内 > 施設案内 > 小金井キャンパスの施設


小金井キャンパスの施設

都市と自然をつなぐロケーションに最先端を集めたインテリジェント・キャンパス

西館

西館

正門を入ってすぐにあるガラスが印象的な校舎です。地上6階・地下1階建て。高度にマルチメディア化された設備が特色で、一般教室や研究室、実験室のほか、マルチメディアホール、マルチメディア教室、学生ホールなどがあります。

教室名は西(WEST)のイニシャルであるWと、3けたの数字であらわされ、Wに続く数字が階数を、最後の2つの数字が教室番号を表しています。
例:W101教室 西館 1階の1番教室

学生ラウンジ(1階)

ガラス張りの明るいホールは、学生の憩いの空間です。情報コンセントも完備し、ノートパソコンなどで学内LANを自由に利用できます。

情報科学図書室(1階)

情報科学部の専門図書室です。情報科学部生専用の自習室を兼ねています。

情報ラボ(3階)

180台の最新鋭デスクトップPCを設置。すべて4年ごとに更新しています。プログラミングやCG・アニメーション映像制作などの演習で利用します。

PC教室(地下1階)

PC教育を行うための最新機器を備えた教室です。プログラミングやCAD・数値計算ソフトウェアの利用が可能となっています。

マルチメディアホール(地下1階)

講演会などの利用を目的としたホールです。すべての机に情報コンセントを設置してあり、SCS(衛星通信大学間ネットワーク)による遠隔授業もできます。

page top

南館

南館

正門を入り、西館を通り抜けた奥、右にある中層校舎が南館です。地上7階・地下1階建て。実験・実習・図書館棟としての機能が集まっています。研究室や情報教室、ゼミ室、各種実験・実習室のほか、小金井図書館があります。

メディアライブラリー(3階)

ビデオやDVDの視聴ができます。グループ用の視聴覚ブースも設置しています。

小金井図書館(1階)

和・洋図書約16万冊、和・洋雑誌・新聞約2,900点を収蔵しています。

page top

管理棟 <学部事務室[2F]>

ベージュの角タイルから成る上品な外観をもつ管理棟は、2010年12月に竣工しました。地上4階建て。総務課、学部事務室、学生センター、食堂、キャリアセンター、診療所、総合情報センターなどがあります。

page top

イオンビーム工学研究所

東館の隣には地上2階、地下1階建てで、イオンビーム工学研究所があります。

page top

北館

北館

地上4階建ての北館は白色の角タイルを使用し、近代的印象の実験棟です。

教室名は北(NORTH)のイニシャルであるNと、3けたの数字であらわされ、Nに続く数字が階数を、最後の2つの数字が教室番号を表しています。
例:N101教室 北館 1階の1番教室

page top

東館

東館

東館は正門から奥左手にあり、地上5階・地下1階建て。延べ床面積は約2万平方メートル。教室・研究室や食堂はもちろん、体育館や応用植物科学科が使用する温室などもあります。

教室名は東(EAST)のイニシャルであるEと、3けたの数字であらわされ、Eに続く数字が階数を、最後の2つの数字が教室番号を表しています。
例:E101教室 東館 1階の1番教室

東館食堂(地下1階)

約520席ある東館食堂は、スクールカラーのオレンジと青、DNAの螺旋構造をイメージさせる階段が特徴的な空間です。

体育館(2階)

体育館は2階~4階の3層吹抜構造で、収納式のステージと座席設備を引き出すと座席数432席の講堂にもなります。遠隔講義システムも完備し、キャンパス間のみならず、国内外の大学を映像と音声で結ぶことが可能な設計となっています。

page top

中央館

主に理工学部創生科学科が利用している中央館。2011年4月の同学科設置にともない建設が進められ、2013年3月に竣工しました。実験室や研究室などが完備されています。

page top

部室棟

小金井キャンパスの学生公認団体の部室が集まる地上2階建ての校舎。航空工学研究会のガレージなどもあります。

page top

緑町校舎

緑町校舎

正門からでて徒歩10分ほどの隣接地に、地上2階、地下1階の緑町校舎があります。マイクロ・ナノテクノロジー研究センター、サッカー場、テニスコートがあり、体育施設は体育授業で利用されています。