HOME > ニュース > 入学案内 > 2月16日(日)の入学試験について(報告)


2月16日(日)の入学試験について(報告)

2014年02月17日

2月16日(日)の入学試験について、受験生や保護者の皆様からご質問をいただきましたので、報告いたします。

当日は、積雪の影響および交通機関の運休により、市ケ谷キャンパスと小金井キャンパスでは、試験開始時間を1時間半、多摩キャンパスでは2時間半繰り下げて試験を実施いたしました。

多摩キャンパスへの最寄り駅である西八王子駅、相原駅、めじろ台駅のすべての駅からのバスが運休となっており、当初予定していたチャーターバスの運行も困難となりました。主な原因は積雪と放置車両による通行困難です。特にめじろ台から多摩キャンパスに至る道路においては、立ち往生したと思われる大型車両等が放置されており、バスをはじめとした車両の通行が困難な状況でした。また、歩道も積雪により通行できない状態でした。

これらの複合的な事情により、大学では受験生に対して、歩行の安全がより確保できるJR相原駅から徒歩で受験会場に向かうよう案内を行いました。多摩キャンパスにおいては、バスの不通を鑑み、時間を大幅に繰り下げて入学試験を実施しましたが、残念ながら開始時間までに間に合わなかった受験生もいらっしゃいました。

大学としましても作業員を動員し、公道の除雪作業と並行し、道路管理者や警察署へバス路線の通路確保を要請し続けた結果、夕方には通行可能となったため、試験終了後、チャーターバスで受験生を駅まで送り届けました。

当日受験できなかった受験生への今後の対応については,近日中にあらためてお知らせいたします。

2014年2月17日
法政大学