HOME > ニュース > 法政ニュースリリース > イノベーション・マネジメント研究センター国際シンポジウム「価値評価研究への誘い」


イノベーション・マネジメント研究センター国際シンポジウム
「価値評価研究(Valuation Studies)への誘い 経営学と会計学が邂逅するリサーチフロンティア」10/15(月)開催

2018年09月18日

パンフレット

法政大学イノベーション・マネジメント研究センターでは、10月15日(月)に国際シンポジウム「価値評価研究(Valuation Studies)への誘い 経営学と会計学が邂逅するリサーチフロンティア」を開催します。

経営における会計や計算は、単なる受動的な手段ではなく、実践を創造する能動的な制度です。会計や計算が経営実践を創り出していくプロセスについては、価値評価研究(valuation studies)として、ヨーロッパを中心に多くの研究が蓄積され、近年では日本の経営および会計関係の研究者の間でも注目されています。

本シンポジウムでは、イギリスにおいてこの領域の研究を30年以上にわたってリードしてきた世界的な権威であるLondon School of EconomicsのPeter Miller教授をお招きします。Miller教授の基調講演に続いて、松嶋登(神戸大学教授)・上⻄聡子(近畿大学准教授)、矢寺顕行(大阪産業大学准教授)・服部泰宏(神戸大学准教授)の講演を行います。

主催:法政大学イノベーション・マネジメント研究センター
共催:日本情報経営学会 / 後援:組織学会
協力:科研プロジェクト「会計研究と組織理論の接合を通じた計算実践の解明」

日時 2018年10月15日(月)13:20~16:50(開場13:00)
場所

法政大学市ケ谷キャンパス ボアソナード・タワー26階 スカイホール
(東京都千代田区富士見2-17-1)
(アクセス)市ケ谷駅または飯田橋駅徒歩10分

プログラム
※日本語・英語同時通訳付き 

【開会挨拶】
 北田 皓嗣(法政大学経営学部准教授、イノベーション・マネジメント研究センター所員)
【挨拶】
 日本情報経営学会
【講演1】
 Accounting, Organizing, and Economizing
  Peter Miller (Professor, London School of Economics & Political Science, Department of Accounting, Fellow of the British Academy)
【講演2】
 価値評価研究の基礎概念
  松嶋登(神戸大学教授)・上西聡子(近畿大学准教授)
【講演3】
 日本企業の採用革新:価値評価の視点から
  矢寺顕行(大阪産業大学准教授)・服部泰宏(神戸大学准教授)

参加 参加費無料、定員先着150名(定員に達し次第締切)
申込

下記専用サイトよりお申込みください。

【PC・スマートフォン】https://www.event-u.jp/fm/10891

【フィーチャーフォン】https://www.event-u.jp/fm/m10891

申込期限

10月10日(水)

イベントURL

http://riim.ws.hosei.ac.jp/news/201808302840.html(イノベーション・マネジメント研究センターウェブサイト)

 

本件に関するお問合せ先

法政大学イノベーション・マネジメント研究センター

TEL:03-3264-9420

FAX:03-3264-4690

E-mail:cbir@adm.hosei.ac.jp