HOME > ニュース > 法政ニュースリリース > 大学院政策創造研究科主催 公開講座「人生100年時代の日本経済と政策のあり方」


大学院政策創造研究科主催 公開講座
「人生100年時代の日本経済と政策のあり方」
講師:高橋 進氏(株式会社日本総合研究所理事長)

2017年09月19日

(PDF/209KB)

法政大学大学院政策創造研究科では9月30日(土)法政大学市ケ谷キャンパス(東京都千代田区)で公開講座「人生100年時代の日本経済と政策のあり方」を開催します(参加費無料、要事前申込)。

日本人の平均寿命は、男性80.98年、女性87.14年(2016年)となり、近い将来には人生100年時代を迎えることが期待されています。しかし、経済社会の仕組みは、単線型の教育システム、定年制の雇用制度、現役世代に支えられる社会保障制度が示すように、人生100年時代にマッチしているとは言い難く、大転換は待ったなしの状況にあります。

今回の講座では「人生100年時代の日本経済と政策のあり方」をテーマに、遠い将来ではなく、まさに今、何が必要かを考える場を提供します。講師は(株)日本総合研究所理事長の高橋 進氏。「人生100年時代」に向けた政策創造について、講師と参加者の間でじっくりと議論を行います。

開催概要

日時 2017年9月30日(土)13:00~15:00
場所

法政大学市ケ谷キャンパス ボアソナード・タワー26階 スカイホール
(東京都千代田区富士見2-17-1)
(アクセス)市ケ谷駅または飯田橋駅徒歩10分

プログラム

13:00 開会挨拶・講師紹介

13:05 講演 高橋 進 氏((株)日本総合研究所理事長)

14:30 質疑応答

参加費 無料
申し込み

事前申し込みが必要です。(定員100名、定員に達し次第締め切ります。)

その他

 

この件に関するお問い合わせ先

法政大学 大学院事務部大学院課 政策創造研究科担当
担当:小島

Tel :03 -3264 -6630

E-mail:rpd-j@hosei.ac.jp