HOME > ニュース > 法政ニュースリリース > 大原社会問題研究所 国際公開シンポジウム「子どもの貧困を問う」開催


大原社会問題研究所国際公開シンポジウム「子どもの貧困を問う」
市ケ谷キャンパスで開催

2017年06月15日

パンフレット(PDF/811KB)

法政大学大原社会問題研究所は7月15日(土)に国際公開シンポジウム「子どもの貧困を問う」を開催します(参加費無料、事前申込不要)。

日本では昨今「子どもの貧困」が顕著な社会問題となっています。その背景にはどのような構造変化があるのでしょうか。本シンポジウムでは、現代社会における子どもの貧困を、イギリスをはじめとしたEUの経験を踏まえつつ、国際比較の観点から幅広い視野をもって議論します。

開催概要

日時 2017年7月15日(土) 13:00~17:30
場所

法政大学市ケ谷キャンパス ボアソナード・タワー26階 スカイホール
(東京都千代田区富士見2-17-1)
(アクセス)市ケ谷駅または飯田橋駅徒歩10分

プログラム

趣旨説明  原 伸子(法政大学大原社会問題研究所副所長・経済学部教授)

第1報告  Mary Daly(Professor, Universityof Oxford)
        “The Problem of Child Poverty in the European Union
         (EUにおける「子どもの貧困」問題)”

第2報告  Aya Ezawa(Lecturer, Leiden University)
        “Single Mothers, Welfare Reform, and Poverty in Japan
         (日本におけるシングルマザー、福祉改革、貧困)”

第3報告  藤原 千沙(法政大学大原社会問題研究所教授)
        「日本における『子どもの貧困』問題 ―― 労働・福祉・ジェンダー」

第1コメント 宮島 喬 (お茶の水女子大学名誉教授)

第2コメント 湯澤 直美 (立教大学コミュニティ福祉学部教授)

総括討論

司会:原 伸子・榎 一江(法政大学大原社会問題研究所教授)

参加費 無料
申し込み 事前申し込み不要
その他

詳細は以下の比較経済研究所ウェブサイトをご覧ください。

 

この件に関するお問い合わせ先

法政大学大原社会問題研究所
TEL:042-783-2305  E-mail:oharains@adm.hosei.ac.jp