HOME > ニュース > 法政ニュースリリース > イノベーション・マネジメント研究センター公開講座「不連続社会と向き合った企業家の光と陰-社会環境と戦略の適合性をめぐって-」開催


法政大学イノベーション・マネジメント研究センター公開講座
「不連続社会と向き合った企業家の光と陰-社会環境と戦略の適合性をめぐって-」開催

2016年09月15日

(PDF/1MB)

法政大学イノベーション・マネジメント研究センターは10月15日、11月12日、12月10日に全3部の公開講座「不連続社会と向き合った企業家の光と陰-社会環境と戦略の適合性をめぐって-」を開催します。

戦前から戦後の社会経済環境の変化に対して、企業はどのように適応したのでしょうか。企業理念・事業戦略・組織構造等の視点から企業家の経営構想力を読み解きます。
講師はイノベーション・マネジメント研究センターの研究プロジェクト「企業家史研究会」のメンバーが担当します。

開催概要

日時 2016年(第1部)10月15日/(第2部)11月12日/(第3部)12月10日
※いずれも開場15:00
会場 法政大学市ケ谷キャンパス ボアソナード・タワー25階 研究所会議室5
(アクセス)東京都千代田区富士見2-17-1 JR・地下鉄市ケ谷駅または飯田橋駅徒歩10分
対象 学生、一般社会人、企業経営者に関心のある方、企業広報・社史の担当者
講座内容 【第1部】10月17日(土)
15:30-16:40 長谷川 直哉「製品開発力と経営構想力を考える:阪本久五郎(遠州織機 → 遠州製作)」
16:50-18:00 山崎 泰央「事業環境の適応に失敗したベンチャー企業:藤村靖之(カンキョー)」
【第2部】11月12日(土)
15:30-16:40 堀 峰生「燃焼技術を基盤とした多角化戦略を考える:内田鐵衛(内田製作所 → コロナ)」
16:50-18:00 長谷川 直哉「モータリゼーションと損保大衆化:三好武夫(東京火災 → 安田火災)」
【第3部】12月10日(土)
15:30-16:40 長谷川 直哉「事業多角化と以徳招利:鈴木馬左也(住友第三代総理事)」
16:50-18:00 黒羽 雅子「リージョナルバンクの経営戦略:鈴木良作(足利銀行)」
参加 参加費無料/定員先着40名(定員に達し次第締切)
申し込み 件名を「公開講座申込」とし、氏名、所属(法政大学学生の方は、学部生・大学院生(研究生・研修生)・通信教育部本科生より該当する所属を明記)、受講を希望する部(複数選択可)、E-mailアドレスを明記の上、E-mailで法政大学イノベ ーション・マネジメント研究センター宛にお申し込みください。
申し込み先 E-mail:cbir@adm.hosei.ac.jp
申し込み期限 第1部:10月7日(金)/第2部:11月4日(金)/第3部:12月2日(金)

この件に関するお問い合わせ先

法政大学イノベーション・マネジメント研究センター
TEL: 03-3264-9420 FAX: 03-3264-4690 E-mail: cbir@adm.hosei.ac.jp