HOME > ニュース > 法政ニュースリリース > 現役ハーバード大生と高校生の交流プログラム「FGLP in Tokyo」を8月6日~8月8日に法政大市ケ谷キャンパスで実施


現役ハーバード大生と高校生の交流プログラム「FGLP in Tokyo」を
8月6日~8月8日に法政大市ケ谷キャンパスで実施

2015年07月22日

現役ハーバード大生と交流する、高校生対象の英語によるアクティブラーニングプログラム「FGLP(Future Global Leaders Program)in Tokyo」(企画:株式会社JTBコーポレートセールス、プログラム運営:日米学術センター)を、本学市ケ谷キャンパスにて開催します。

同企画は、昨年に引き続き2回目の開催となり、日本の若者に不足しがちな「掘り下げて考える力=クリティカル・シンキングスキル」と「自己の考えを英語で表現/伝える力=英語コミュニケーションスキル」の重要性とその実践の機会を提供することを目的として、参加者は8月6日(木)~8月8日(土)の3日間にわたって英語によるパネル・ディスカッションやテーマセミナー、コミュニケーション・ゲームなど多彩なプログラムを受講します。

当日は、ハーバード大学の学生スタッフ8名、参加者15名(高校生)および本学の学生が参加の予定です。

開催概要

日時 2015年8月6日(木)~8月8日(土)
会場 法政大学市ケ谷キャンパス 富士見坂校舎 地下1階食堂
(千代田区富士見2-17-1)
主なプログラム ※2日目のプログラムを記載
09:15 コミュニケーション・ゲーム
10:30 FGLP セミナー1(選択して講義を受講)
11:30 昼食+フリータイム(講師と共に)
13:00 グループ・ディスカッション(テーマ:「日米の文化と社会」)
14:15 FGLP セミナー2(選択して講義を受講)
15:30 特別講義“Studying in the U.S.A”
※JAAC留学カウンセラーによる、日本人のアメリカ大学留学に関する特別講義(英語)
16:30 プレゼンテーション準備・個人指導
18:00 終了
参加者 関東近郊に在住の高校生15名、
および法政大学生(留学経験者等) 若干名
ハーバード大生スタッフ8名
その他 *駐車場のご用意はありませんので、公共交通機関でのご来場をお願いいたします。

昨年の様子

ハーバード大学の学生スタッフ8名とファシリテーターのリーダーによって多彩なプログラムが実施されました。法政大学グローバル・ラウンジ(Gラウンジ)のスタッフや、派遣留学の経験者など英語スキルに優れた法政大学の学生9名もサポートスタッフとして参加。

ハーバード大生が講師となり、社会科学系、自然科学系、芸術、スポーツなどの多彩な分野から、それぞれが関心のあるテーマで実施。工夫した手作りの教材を使って双方向のコミュニケーションも取り入れたFGLPセミナー、身近な問題や社会課題とその解決に向けた提案、あるいは歴史や思想など、参加者が関心のあるものをテーマにしたプレゼンテーションし、ハーバード大生がパネリストになり、「ハーバード大学での学びと大学生活」「ハーバード大学進学を希望した理由とその準備」「将来の目標やそれに向けたアクション」などを語るパネル・ディスカッションを行いました。

参加者からは「(ハーバード大生は)私たちの話すことを理解してくれようとしてくれる姿勢があって、様々なことを学ぼうとする態度を学ぶことができた。(高1女子)」「英語で自分の考えを上手く伝えられないことが、とても悔しく思った。これからもっと英語が自由に使えるように努力していきたいと強く感じた。(高1女子)」などの感想が寄せられた。

昨年の様子

昨年の様子

本件に関する報道関係の方のお問合せ先

法政大学入学センター
担当:平田
TEL:03-3264-9300
e-mail:NKadm@ml.hosei.ac.jp