HOME > ニュース > 法政ニュースリリース > 「タニタ式」健康講座や「100円朝食」も実施 「食生活みなおし週間」を開催


「タニタ式」健康講座や「100円朝食」も実施
「食生活みなおし週間」を開催

2015年05月07日

法政大学学生センターでは5月11日(月)~15日(金)、在学生を対象とした課外教養プログラム(※)「食生活みなおし週間」を市ケ谷キャンパス(東京都千代田区)・多摩キャンパス(同町田市)・小金井キャンパス(同小金井市)の3キャンパスで開催します。期間中は株式会社タニタの管理栄養士によるタニタ式健康づくりの方法を学ぶ講座や、栄養士による食生活アドバイスを実施します。またイベント運営にあたっては学生も参加予定です。

さらに5月14日(木)~6月5日(金)には、健康的な食習慣を身につけるきっかけとして、本学では初めての「100円朝食」を3キャンパスの学生食堂で提供します。

ゴールデンウィークが終わり本格的に新年度が始まるこの時期、一人暮らしや忙しさでつい栄養が偏りがちな大学生の食習慣を見直すきっかけとなることを期待しています。

開催概要

1.タニタ食堂から学ぶ学生のための健康食生活

2012年度開催の様子

2012年度開催の様子

タニタの管理栄養士による講座では、ヘルシーメニューを提供することで有名な「タニタ食堂」の調理のコツを紹介するほか、つい利用しがちな外食・コンビニ食を栄養バランスのとれた食事として活用する方法や、一人暮らしの食生活、健康的なダイエットについても学ぶことができます。

なお同講座は過去にも開催され、2012年度には20人の学生が参加しました。

市ケ谷キャンパス5月13日(水)13:30-15:00(外濠校舎5階会議室529・530)
多摩キャンパス5月15日(金)13:30-15:00(EGG DOME 5Fホール)
小金井キャンパス5月14日(木)13:30-15:00(東館1階E102教室)

2.栄養士による食生活相談ブース(法政大学生活協同組合協力)

日々キャンパス内で学生たちの食生活をサポートしている「学食」の栄養士から、普段の食
生活をもっと健康にするためのアドバイスを直接受けられます。

全キャンパス 5月11日(月)・12日(火)11:00-12:15/13:00-15:00
※それぞれ市ケ谷キャンパス第一食堂、多摩キャンパス6号館食堂(11日)および11号館食堂(12日)、小金井キャンパス東館食堂で開催。

3.100円朝食(在学生対象)(事業室・学生センター・法政大学生活協同組合協力)

各キャンパスの学生食堂において、期間限定で日替わりの朝食を100円で提供します。

全キャンパス5月14日(木)~6月5日(金)8:30~10:00
※土・日除く(多摩は5月21日(木)も除く)
場所市ケ谷:第1食堂、多摩:6号館食堂・11号館食堂、小金井:東館食堂
提供数(1日あたり)市ケ谷200食、多摩100食(6号館50食・11号館50食)、小金井100食
内容和風メニュー(4種)&洋風メニュー(3種)をそれぞれ1日1品、日替りで提供。
洋風メニューは、パンの他にライスも選べます。
【左】メニュー例(和食) 【右】メニュー例(洋食)

【左】メニュー例(和食) 【右】メニュー例(洋食)

(※)課外教養プログラムとは

法政大学学生センターでは正課授業をカバーし学生のニーズに応えるべく、1993年から「課外教養プログラム」を実施してきました。このプロジェクトでは、学生(KYOPROスタッフ)、教員、職員が協働してプログラムづくりにあたり、参加学生をサポートしています。

●ご参考

各キャンパスの所在地

市ケ谷キャンパス 〒102-8160 東京都千代田区富士見2-17-1
多摩キャンパス 〒194-0298 東京都町田市相原町4342
小金井キャンパス 〒184-8584 東京都小金井市梶野町3-7-2

この件に関するお問い合わせ先

法政大学 総長室広報課 吉田・二関(にのせき)
E-mail: koho@hosei.ac.jp Tel: 03-3264-9240