HOME > ニュース > 法政ニュースリリース > 政策創造研究科シンポジウム 秋葉原のコミュニティの変容と街の『メディア化』


政策創造研究科シンポジウム
秋葉原のコミュニティの変容と街の『メディア化』

2014年06月25日

法政大学政策創造研究科は、シンポジウム「秋葉原のコミュニティの変容と街の『メディア化』」を開催し、ハードとソフトが混在する街、秋葉原の歴史について議論しつつ、技術とコミュニティについて考えます。

近年の秋葉原の「サブカル化」あるいは「観光化」と従来の技術系コミュニティの関係はどのようなものなのか。またそれは、サービス生産者と消費者(あるいは生産消費者)によって成り立つ不定形で不安定なコミュニティの出現を招いているのか。外神田地区の伝統的コミュニティと電気街コミュニティ、その上に出現したサブカルチャー・コミュニティといった三層の関係について議論しつつ、消費者が参与することによって作り上げている秋葉原の文化の可能性と限界について考えます。

開催概要

日時 2014年6月28日(土) 15:00~18:00
場所 市ケ谷キャンパス ボアソナード・タワー 26F スカイホール
(東京都千代田区富士見2-17-1)
スケジュール 15:00~15:20 「参加する消費者とアキバの観光化」
須藤 廣 教授、コーディネーター・司会者
15:20~15:40 「秋葉原の歴史とその特徴」
伊藤真広 氏(株式会社トランジスタ社長)
15:40~16:00 「IT技術の変遷と秋葉原の変容」
東博暢 氏(日本総研戦略コンサルティング部 融合戦略クラスター長)
16:00~16:20 「秋葉原の発展とイノベーション」
山田一人 氏(法政大学サステイナビリティ研究所RA)
16:20~16:40 「外神田コミュニティと秋葉原」
手塚久雄 氏(株式会社HAKU社長)
16:40~17:00 「おたく趣味と秋葉原」
森川嘉一郎 氏(明治大学国際日本学部准教授)
17:00~17:10 休憩
17:10~18:00  壇上、フロアも交えて討論
定員 180名(参加費無料)
お申し込み Web受付システム ※本受付システムではお申し込みが困難な場合には下記のFaxまたはE-mailにてご連絡ください。

本件に関するお問合せ先

法政大学大学院事務部大学院課政策創造研究科事務室
TEL:03-5228-1640/FAX:03-5228-1643
E-mail : rpd-j@hosei.ac.jp