HOME > ニュース > 法政ニュースリリース > 法政大学多摩キャンパス・地域まるごとミュージアム構想研究会開催


法政大学多摩キャンパス・地域まるごとミュージアム構想研究会開催

2014年05月19日

PDF(238 KB)

「法政大学多摩キャンパス・地域まるごとミュージアム構想研究会」は多摩地域交流センターの依頼を受けて発足した研究会です。周知のように法政大学多摩キャンパスとその周辺地域には自然・歴史・文化・産業などに関わる遺産・資源(史資料)が広く分布しています。

このため本研究会では、それら遺産・資源(史資料) を保存活用して、地域理解の学習の仕組みとしての「エコミュージアム」概念をベースに「多摩キャンパス・地域まるごとミュージアム(仮称)」設置の可能性を探り、その構想を考えていくことにいたしました。

開催概要(全3回)

本研究会ではミュージアムの研究者・実務経験者などでワーキンググループを組織し、その調査・研究の成果をもとに個別テーマを設定して研究会を開催します。

研究会は当該ミュージアムが想定する関連分野や場所・施設などに関わる関係者をはじめ、学内外の関係領域の研究者、さらに本プロジェクトに関心をもつ市民の方々や団体などに広く呼びかけて公開で開催し、参加者の方から「多摩キャンパス・地域まるごとミュージアム」構想にご意見をいただくことを考えています。

そして、研究会のご意見などをもとに、今後、「多摩キャンパス・地域まるごとミュージアム」を展開していく上での課題などを明らかにし、当該ミュージアムの構想を考えていきます。

主催 法政大学多摩地域交流センター
共催 法政大学多摩共生社会研究所
第1回
研究会  

日時 2014年5月24日(土) 午後2時~4時
場所 法政大学多摩キャンパス 総合棟4階 第3会議室A・B
めじろ台駅・西八王子駅より京王バス「法政大学行」 
相原駅より神奈川中央交通バス「法政大学行」または「大戸行」
テーマ 「エコミュージアムと『多摩キャン・地域まるごとミュージアム』の理念・目的・運営形態(仮題)」
発表者 馬場憲一(法政大学現代福祉学部 教授)・須田英一(同 兼任講師)
第2回
研究会
(予定)
日時 2014年6月21日(土)  午後2時~4時
テーマ 当該ミュージアムのコア・サテライト候補、活動内容、コア施設と展示プランなど。
第3回
研究会
(予定)
日時 2014年7月26日(土)  午後2時~4時
テーマ 運営組織と当該ミュージアムの全体構想
申し込み 無料、事前申込制(下記連絡先にFAXまたはE-mailにてお申込み下さい。)
その他 詳細は下記ウェブサイトをご覧ください

この件に関するお問い合わせ先

法政大学 多摩地域交流センター
E-mail: chiiki-kouryu@ml.hosei.ac.jp
Tel: 042-783-3014 Fax: 042-783-2167