HOME > ニュース > 法政ニュースリリース > 比較経済研究所 公開講演会「農業と生態系サービスをどう両立させるか:アジアの事例と経済学の役割」


比較経済研究所 公開講演会
「農業と生態系サービスをどう両立させるか:アジアの事例と経済学の役割」

2014年05月08日

比較経済研究所は6月2日(月)に『農業環境政策の経済分析(日本評論社)』の出版を記念して、公開講演会「農業と生態系サービスをどう両立させるか:アジアの事例と経済学の役割」を開催します。

執筆者の一人である滋賀大学の田中勝也准教授に、樹木の間に農作物を植えたり家畜を育てたりするアグロフォレストリーというシステムが、農業者と生態系にもたらすメリットと、その普及にむけた経済学の役割について、インドネシアとフィリピンの事例をもとにお話ししていただきます。

開催概要

日時 2014年6月2日(月) 15:10~16:40
会場 法政大学多摩キャンパス経済学部棟202教室(東京都町田市相原町4342)
めじろ台駅または西八王子駅より京王バス「法政大学行」
相原駅より神奈川中央交通バス「法政大学行」または「大戸行」
挨拶 西澤栄一郎(法政大学経済学部 教授)
講師 田中勝也氏(滋賀大学 准教授)
論題 「農業と生態系サービスをどう両立させるか:アジアの事例と経済学の役割」
参加 参加費無料。どなたでも参加いただけます。
申し込み 事前申し込み不要。会場定員305人
その他 詳細は下記ウェブサイトをご覧ください

この件に関するお問い合わせ先

法政大学  比較経済研究所
〒194-0298 東京都町田市相原町4342
TEL:042-783-2330  E-mail:ices@adm.hosei.ac.jp