HOME > ニュース > 法政ニュースリリース > 法政大学大学院 政策創造研究科シンポジウム 音楽力 -カルチャーによるベネフィットのあり方を考える-


法政大学大学院 政策創造研究科シンポジウム
音楽力 -カルチャーによるベネフィットのあり方を考える-

2013年06月06日

2011年3月11日、東日本大震災以降、多くのミュージシャンが被災地支援のために立ち上がりました。それぞれの思いによってアプローチの方法、支援の形が創出されました。しかしおそらく継続的な動きになったのは一部なのかもしれません。
このシンポジウムでは、被災地支援で果たす音楽の役割を事例を通じて検証するとともに、カルチャーを通じたベネフィットのあり方を論じていきます。

開催概要

日 時 2013年7月6日(土)15:00~17:10(14:30開場)
共 催 法政大学地域創造システム研究所 コンテンツツーリズム学会
会 場 法政大学 市ケ谷キャンパス ボアソナード・タワー26階 スカイホール
 (千代田区富士見2-17-1)JR・地下鉄 飯田橋駅または市ヶ谷駅 徒歩約10分
プログラム 15:00 : 開会のご挨拶
15:05 : 増淵敏之(法政大学大学院政策創造研究科教授)
           奥尻島から始まったベネフィットの潮流
15:30 : 宮入恭平氏(法政大学大学院兼任講師、ミュージシャン)
            <音楽の力>言説の功罪 ―ポスト 3.11のポピュラー音楽シーン
15:55 : 田中菜穂氏(シンガーソングライター、南相馬 &杉並トモダチプロジェクト主催者)
           カタチなき歌が、人々を繋ぐ
16:20 : 休憩
16:30 : 討論
17:10 : 閉会のご挨拶
参 加 費 無料
定 員 100名
申込方法 ※定員になり次第締め切り
下記専用ウェブサイトよりお申し込みください
そ の 他 詳細はこちらをご覧ください

本件に関するお問合せ先

法政大学 大学院事務部大学院課 政策創造研究科事務室
TEL:(03)5228-1640  FAX:(03)5228-1643
E-mail:rpd-j@hosei.ac.jp