HOME > ニュース > 法政ニュースリリース > 法政大学大学院 政策創造研究科「都市文化プログラムシンポジウム-秋の文化祭―」


法政大学大学院 政策創造研究科「都市文化プログラムシンポジウム-秋の文化祭―」

2012年11月02日

日本のコンテンツはグローバルに捉えると、競争力が落ちてきているともいわれています。それは台頭する韓国、中国などのコンテンツ振興政策の余波を受けてという見方もできます。しかし本来的には独自文化の発露がコンテンツだとすれば、卑下する必要もありません。文化の育成には一定の時間が不可欠であり、日本のコンテンツは明確なプロセスの下に発展してきたことを改めて再確認したいと考えます。本シンポジウムではコンテンツそのものではなく、あくまでその周辺を意識して、日本のコンテンツの将来像を模索する予定です。

【開催概要】

■日時:2012年11月17日(土)14:00~17:45(開場13:30)

■会場:法政大学市ケ谷キャンパス ボアソナード・タワー26階 スカイホール
    (千代田区富士見2-17-1)JR・地下鉄 飯田橋駅または市ヶ谷駅 徒歩約10分

■入場料:無料

■定員:100名(定員に達し次第締切)

■プログラム: 
 第1部 14:05-15:15「新たなコンテンツツーリズムの展開」

      <パネリスト>
      岩崎達也(株式会社アックスオン執行役員、法政大学専門職大学院兼任講師)
      安田亘宏(西武文理大学教授)

      <司会>増淵敏之(法政大学大学院教授)

 第2部 15:20-16:20「オトナのカルチャー研究会・中間報告」

      井手上秀(政策創造研究科 修士2年)/神宮道喜(政策創造研究科 修士2年)/
      金沢俊吾(政策創造研究科 修士2年)/東樹敏明(政策創造研究科 修士1年)/
      村上晴美(政策創造研究科 修士1年)

 第3部 16:25-17:40「増淵くんと宮入くん‐J-POP八十八夜番外編-洋楽と私-」

      増淵敏之/宮入恭平(法政大学大学院兼任講師)

 ※1部と2部講演後に5分ずつの休憩があります。

■申込方法:以下のいずれかよりお申し込みください。※申込締切は11月16日(金)

※上記受付システムでのお申し込みが困難な場合には、下記お問い合わせ先のFAXまたはE-mailにてご連絡ください。

■その他:お車でのご来場はご遠慮ください。

【本件に関するお問合せ先】

法政大学大学院事務部大学院課 政策創造研究科事務室
TEL:03-5228-1640
FAX:03-5228-1643
E-mail:rpd-j@hosei.ac.jp