HOME > ニュース > 法政ニュースリリース > 「第2回日本でいちばん大切にしたい会社大賞」受賞企業を決定


「第2回日本でいちばん大切にしたい会社大賞」受賞企業を決定

2012年03月08日

−経済産業大臣賞にツムラ、中小企業庁長官賞に日本ウエストン−
3月22日(木)に法政大学で贈賞式・記念講演会を実施

このほど「第2回日本でいちばん大切にしたい会社大賞」(法政大学大学院中小企業研究所、日刊工業新聞社、あさ出版で実行委員会を組織)の受賞企業10社が内定しました。本賞は、応募要件に、過去5年以上にわたって、「(1)人員整理、会社都合による解雇をしていないこと、(2)下請企業、仕入先企業へのコストダウンを強制していないこと、(3)障がい者雇用率は法定基準を上回っていること、(4)黒字経営であること、(5)重大な労働災害がないこと」との高いハードルが設けられております。応募企業は32項目にわたる独自基準に基づく審査、公認会計士・税理士による財務・経営分析、審査委員が現地へ赴いての現地調査等、厳正なる審査を経て、審査委員会、実行委員会において決定されました。

優秀賞

  • 経済産業大臣賞=ツムラ(東京都港区)上場の医薬品(漢方製剤、生薬製剤ほか)メーカー。障がい者雇用を2012年末までに4%に引き上げるなど、積極的に推進している。2010年には、財政破綻した夕張市に「夕張ツムラ」を設立するなど、地域振興や途上国援助にも熱心。
  • 中小企業庁長官賞=日本ウエストン(岐阜県岐阜市)ウエス(機械設備整備用の布)や作業用手袋のリース・販売サービス。従来は使い捨てが当たり前だったものを再利用できるようにした。障がい者雇用に積極的で雇用率は20%にも達する。
  • 実行委員長賞=ダイニチ工業(新潟県新潟市)上場のファンヒーター、燃料電池システム、家庭用エネルギー機器メーカー。人財育成が強みで、過去10年間の従業員定着率は97%を超える。障がい者の正社員雇用にも積極的に取り組んでいる。

審査委員会特別賞

  • めのや(島根県松江市)めのう・半貴石を利用したアクセサリー製造・販売
  • 山岸製作所(群馬県高崎市)金属加工・精密機械加工業
  • めがねのヨシダ(北九州市門司区)めがねの小売
  • 多摩草むらの会(東京都多摩市)飲食店運営、布製品製造・販売、農場経営等
  • 徳武産業(香川県さぬき市)高齢者や障がい者向けのシューズ製造・販売
  • きものブレイン(新潟県十日市市)着物の丸洗い、染み抜き
  • 徳倉(東京都江東区)糖類の超微粉砕、コーティングなどの食品加工

贈賞式(伊那食品塚越会長の特別講演、受賞記念講演、交流懇親会を含む)※一般参加可

日     時 2012年3月22日(木)13:30~18:30
会     場 法政大学市ケ谷キャンパス 外濠校舎6階 さったホール
(千代田区富士見2-17-1)JR・地下鉄飯田橋駅または市ヶ谷駅 徒歩約10分
参  加  費 1万円(交流懇親会への参加費等を含む) ※要事前申込

贈賞式では、贈賞に加え、審査委員長の坂本光司法政大学大学院教授による講評、伊那食品工業の創業者である塚越寛会長による特別講演「永続のための経営戦略 ~実体験から学んだ中小企業のあり方、年輪経営による48年連続増収増益の秘密」、受賞企業による記念講演、交流懇親会が予定されております。一般参加可能。

詳細は同大賞ホームページ

【お問い合わせ先】

事務局 法政大学大学院中小企業研究所(所長:坂本光司大学院政策創造研究科教授)
担当:白石(株式会社エイチ・ユー(法政大学関連会社)内)TEL:03-3264-6097