HOME > ニュース > 法政ニュースリリース > 法政大学 政策科学研究科  創立10周年記念シンポジウム「21世紀の政策科学 地方分権か 地域主権か:公共政策の視点から」


法政大学 政策科学研究科  創立10周年記念シンポジウム「21世紀の政策科学 地方分権か 地域主権か:公共政策の視点から」

2010年12月06日

法政大学 政策科学研究科では 創立10周年記念シンポジウム「21世紀の政策科学 地方分権か 地域主権か:公共政策の視点から」を開催いたします。
基調講演に原口一博(前総務大臣)、片山虎之助(初代総務大臣)を迎え、「地方分権」「地域主権」といった言葉に象徴されるわが国の公共政策の大転換の可能性を、このような変革の時代にふさわしい「新しい政策科学」の視点から検証していきます。

開催概要

  • 日時:2010年12月19日(日)14:00~17:00
  • 場所:法政大学市ケ谷キャンパス ボアソナード・タワー 26階 スカイホール
    (JR・地下鉄の市ヶ谷、飯田橋駅から徒歩約10分)
  • 入場無料(どなたでも参加できます)

基調講演

  • 原口 一博(前総務大臣・民主党、衆議院議員)
  • 片山 虎之助(初代総務大臣・たちあがれ日本、参議院議員)

司会

  • 白鳥 浩(法政大学大学院政策科学研究所長<現代政治分析論>)

パネリスト

  • 間島 正秀(法政大学大学院政策科学研究科長<地域政策論>)
  • 山本 啓(法政大学大学院政策科学研究科客員教授<公共政策論>、日本公益学会会長)

お問合わせ先

法政大学大学院事務部大学院課
TEL:03-5228-0551
Eメール:hgs@adm.hosei.ac.jp
URL:http://www.i.hosei.ac.jp/~hbs/