HOME > ニュース > 教育・研究 > 成績評価基準およびGP(Grade Point)の変更について(2019年度から)


成績評価基準およびGP(Grade Point)の変更について(2019年度から)

2018年12月17日

現在の成績評価の基準を改め、2019年度(2019年4月)から、従来よりきめ細かく評価する新しい成績評価基準を導入いたします。詳細は以下のとおりです。

  1. 成績評価の定義(LG:Letter Grade)
  2.    S:学習目標を満たし卓越した成績をあげた
       A:学習目標を満たし優秀な成績をあげた
       B:おおむね学習目標を満たした
       C:最低限の学習目標を満たしたが、不十分な点も見られる
       D:学習目標を満たしていない
       E:未受験、採点不能

       各LG内で特に留意すべき加点・減点がある場合、+-を付加します。ただし、SとDに関しては+-を使用しません。

  3. 成績評価基準、GP換算および合否
  4. 素点評価する場合

    素点評価しない場合

    評価

    GP

    合否

    100~90点

    学習目標を満たし卓越した成績をあげた

    S

    4.0

    合 格

    89~87点

    学習目標を満たし優秀な成績をあげた

    A+

    3.3

    86~83点

    A

    3.0

    82~80点

    A-

    2.7

    79~77点

    おおむね学習目標を満たしている

    B+

    2.3

    76~73点

    B

    2.0

    72~70点

    B-

    1.7

    69~67点

    最低限の学習目標を満たしたが不十分な点も見られる

    C+

    1.3

    66~63点

    C

    1.0

    62~60点

    C-

    0.7

    59~ 0点

    学習目標を満たしていない

    D

    0.0

    不合格

    未受験、採点不能

    未受験、採点不能

    E

  5. 移行時期の措置について
  6.  (1)2018年度以前に取得した単位の評価・GPは変更しません。
     (2)成績証明書等には、2018年度以前と2019年度以降の成績評価基準が異なることを明示します。また累積GPAは、新旧基準によるGPAの累積値を記載します。
     (3)現在「S」記号を使用している留学による外国大学の修得単位認定は、2019年度より「RS」に変更します。