HOME > ニュース > 教育・研究 > JMOOCで講座を開講します


JMOOCで講座を開講します

2015年08月24日

法政大学では、教育のオープン化の取り組みのひとつとして、インターネットを利用したオンライン型無料講座であるJMOOC(Japan Massive Open Online Courses)に、オンライン講座を開講します。

第一弾となる今回は、社会学部 田中優子教授 (法政大学総長)による「江戸文化入門」を2016年1月(予定)に開講いたします。

本講座では、歴史、文学、美術、工芸など、従来は分野が細分化されていた江戸時代の文化を、横断的なテーマ設定によって俯瞰的に考えていきます。

本講座を通じ、日常のなかで美術鑑賞や日本文化に接するための教養として学ぶこともでき、さらには一分野を深く学び研究するための導入にもなり得ます。豊富な画像を使うことで、江戸時代の生活や、文化が変化していくプロセス、そして創造とは何かについて、眼で見て考えることができる講義となっています。また、本講座のサブタイトルは、「低成長時代を生き抜くために」。日本史や日本文化に興味を持つ方々や美術鑑賞に関心のある方々はもちろん、日本の現代社会を正しく見つめなおしたいすべての方々におすすめの講座です。

2015年8月24日(月)より、gaccoホームページより募集を開始しています。

(10月21日更新) また、講座内容がわかるプロモーションビデオも公開していますので、ご覧のうえこの機会にご受講ください。