HOME > ニュース > 教育・研究 > 「法政大学イノベーション・マネジメント研究センター叢書 9・10」刊行のお知らせ


「法政大学イノベーション・マネジメント研究センター叢書 9・10」刊行のお知らせ

2015年04月22日

イノベーション・マネジメント研究センターでは、法政大学イノベーション・マネジメント研究センター叢書9『企業家活動からみた日本のものづくり経営史 わが国ものづくり産業の先駆者に学ぶ』、同叢書10『中国製造業の基盤形成-金型産業の発展メカニズム-』を刊行しました。本書は書店等で販売されていますので、ぜひご一読ください。

法政大学イノベーション・マネジメント研究センター叢書 9
『企業家活動からみた日本のものづくり経営史 わが国ものづくり産業の先駆者に学ぶ』

「企業家活動でたどる日本の産業(事業)史」シリーズ第4弾。日本のものづくり産業発達史を辿りながら、企業統治やオーナーと専門経営者の関係など、企業家活動をめぐる多様な論点にアプローチします。
本書は2013年に開催された、イノベーション・マネジメント研究センター公開講座「企業家活動からみた日本のものづくり経営史-わが国ものづくり産業の先駆者に学ぶ-」の講義をもとに編集されました。

企業家活動からみた日本のものづくり経営史 わが国ものづくり産業の先駆者に学ぶ

法政大学イノベーション・マネジメント研究センター叢書 9
『企業家活動からみた日本のものづくり経営史 わが国ものづくり産業の先駆者に学ぶ』
宇田川勝[監修]
宇田川勝・四宮正親[編著]

定価:本体2,650円+税  出版社:文眞堂
A5判194頁  発行日:2014年12月25日
ISBN 978-4-8309-4836-7

公開講座の様子

法政大学イノベーション・マネジメント研究センター叢書 10
『中国製造業の基盤形成-金型産業の発展メカニズム-』

大連、上海・蘇州地域、寧波・台州、広東という中国の各地域における、金型産業を対象とした地道なフィールドワークから、地域の多様性を踏まえつつ成長と限界が絡み合う産業発展プロセスを描き出します。金型産業は製造業の中でも基盤となる産業であり、この把握が中国経済理解の一助となるとともに、新興国市場での競争に直面するわが国の産業界にも有益な示唆を与えてくれるでしょう。

中国製造業の基盤形成-金型産業の発展メカニズム-

法政大学イノベーション・マネジメント研究センター叢書 10
『中国製造業の基盤形成-金型産業の発展メカニズム-』
李 瑞雪・天野倫文・金 容度・行本勢基[著]

定価:本体3,500円+税  出版社:白桃書房
A5判304頁  発行日:2015年3月31日
ISBN 978-4-561-26649-5