HOME > ニュース > 教育・研究 > KAKEHASHIプロジェクトの派遣学生として社会学部生12名と法学部生11名が米国の4大学を訪問しました


KAKEHASHIプロジェクトの派遣学生として社会学部生12名と法学部生11名が米国の4大学を訪問しました

2014年12月08日

国際交流基金・法政大学のKAKEHASHIプロジェクトで、11月5日から11月15日にかけて社会学部12名と法学部11名の計23名の学生と引率教員2名(社会学部・吉村真子、法学部・中野勝郎)がアメリカ合衆国に派遣され、現地の3都市4大学を訪問しました。

同プロジェクトは、日本の魅力や強みを現地で英語でプレゼンテーションを行うことで、日米の若者の相互理解と親善・交流を推進することを目的としています。

関連リンク

ウェスト・ポイント陸軍士官学校と法政大学の学生たち

ウェスト・ポイント陸軍士官学校と法政大学の学生たち

ニューヨーク総領事・大使公邸で草賀総領事・大使ご夫妻と

ニューヨーク総領事・大使公邸で草賀総領事・大使ご夫妻と