HOME > ニュース > 教育・研究 > 文学部哲学科の牧野教授が韓国日本近代学会功労賞を受賞


文学部哲学科の牧野教授が韓国日本近代学会功労賞を受賞

2010年11月10日

11月6日~7日まで国士館大学で開催された「韓国日本近代学会」第22回国際学術大会の総会で、本学文学部哲学科の牧野英二教授が、韓国日本近代学会功労賞を受賞しました。

同学会は韓国の人文・社会科学系の研究者が中心になって創設され、同時に多くの日本人研究者、さらに中国人や西洋人も加わり、韓国と日本の大学で交互に国際学術大会を開催しています。
また、同学会誌は、韓国学術財団の認定を受けた斯学の権威ある学術誌として、同学会活動とともに、高い評価を受けています。

牧野教授は、同学会に2005年から参加し、翌年には韓国・国立済州大学での大会で基調講演を行い、その後、毎年同学会では研究発表を行なっており、学会運営にも積極的に協力してきました。
また昨年は、牧野教授の単著や編集委員を務めた事典などのハングル語訳が韓国で出版され、本年2月には同学会の常務理事に選出されています。
こうした同学会の学術国際交流事業及び発展のために献身的に長年寄与してきた牧野教授の功績が認められました。