HOME > ニュース > 法政大学について > 「法政大学元総長代行鬼塚豊吉先生お別れの会」を挙行しました


「法政大学元総長代行鬼塚豊吉先生お別れの会」を挙行しました

2019年09月05日

9月3日、去る2019年6月2日に86歳でご逝去された鬼塚元総長代行のお別れの会(代表 田中優子総長、実行委員長 佐野哲経営学部長)が、先生ゆかりの市ケ谷キャンパススカイホールにて挙行されました。当日は鬼塚ゼミナールの皆様をはじめ、当時の研究者仲間や同僚の方々等、160名近くの方々にご参列いただきました。

白とオレンジのお花に囲まれた先生のご遺影は、とても優しく微笑んでおられました。

法政大学名誉教授岡田裕之様・豊田敬様、産業学会元会長上山邦雄様、法政大学元理事河端照孝様、鬼塚ゼミナール初代ゼミ長猪鼻恒憲様より賜りました弔辞では、大学運営での苦労話や、先生と出会った当初の思い出話、研究者仲間としてのエピソードやゼミでの思い出など先生のお人柄が偲ばれるお話をいただきました。
その後、喪主様より心のこもったご挨拶をいただきました。

最後に、ご参列の皆様より献花をいただき、思い思いに祭壇にお花を手向け、先生との別れを惜しんでいらっしゃいました。

謹んでご冥福をお祈りいたします。