HOME > ニュース > 法政大学について > 多摩キャンパス 社会学部棟と現代福祉学部棟間の芝生広場が「ひだまり広場」に決定しました


多摩キャンパス 社会学部棟と現代福祉学部棟間の芝生広場が「ひだまり広場」に決定しました

2015年12月16日

2015年10月1日より10月31日までの間、大学ウェブサイトにて、社会学部棟と現代福祉学部棟間の芝生広場の名称を募集いたしました。その結果、在学生の方から26件の名称案の応募がありました。たくさんの方々から応募をいただき、お礼申し上げます。

学内選考委員会にて、厳正に審査を行った結果、「ひだまり広場」に名称が決定しました。応募くださった方からは「日当たりが良いため。ポカポカとあたたかく、居心地のよい空間であってほしいという願いを込めてつけました」と命名理由をお寄せいただきました。名称が採用された方には、後日、賞品をお送りさせていただきます。

「ひだまり広場」がその名称のとおり、多摩キャンパスに通っている皆様の陽だまり的な存在となり、愛着をもって呼んでいただけることを期待しています。