HOME > ニュース > 法政大学について > 本学名誉博士・元ロシア首相プリマコフ氏が逝去されました


本学名誉博士・元ロシア首相プリマコフ氏が逝去されました

2015年06月29日

去る6月26日に、本学名誉博士であり、1990年代のロシア連邦で外務大臣や首相を歴任されたエフゲニー・マクシモビッチ・プリマコフ氏が逝去されました。

本学では、学術・文化や人類の進歩のために貢献され、特に顕彰することが適当と認められる方に対し、法政大学名誉博士の学位を贈呈しています。プリマコフ氏は、1981年に当時の東洋学研究所長として本学を訪問され、学術文化協定に寄与されたこと等により、1997年に本学で第一号となる名誉博士を授与されました。

ご冥福を心よりお祈りいたします。