HOME > ニュース > 法政大学について > 白馬村に義援金をお渡ししました


白馬村に義援金をお渡ししました

2015年02月27日

下川正剛白馬村長(左)と神谷健司常務理事

下川正剛白馬村長(左)と神谷健司常務理事

2015年2月24日白馬村役場にて、法政大学を代表して神谷健司常務理事から下川正剛白馬村長に、長野県神城断層地震の災害義援金をお渡ししました。

白馬村には本学の厚生施設・白馬山荘があり、昨年の12月には地震で被災された方の避難先にもなりました。

この度、本学にゆかりのある白馬村に対して、本学と本学有志者からの寄付を合わせた100万円の義援金を寄付することとなりました。

関連リンク