HOME > ニュース > 法政大学について > 55・58年館建替工事に伴う工事範囲と歩行者動線について


55・58年館建替工事に伴う工事範囲と歩行者動線について

2014年03月18日

55・58年館建替工事に伴う仮囲い設置工事を実施します。2014年4月下旬までの仮囲い範囲および歩行者動線については以下の通りです。今後、工事に関する情報を随時、本学ウェブサイト等でお知らせいたします。

関係者の皆様にはご不便をおかけいたしますが、何とぞご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

仮囲い設置工事開始日および仮囲い範囲について
3月18日(火)から順次、仮囲いを設置します。仮囲い設置範囲および通行止めとなる場所は以下のとおりです。
工事期間中の通行にあたっては、案内表示や誘導員を配置し、安全に十分配慮しながら進めていきます。なお、仮囲い設置に伴い、3月28日(金)からゲート棟(仮称)の工事完了(2016年8月を予定)までの期間は正門が使用できません。

工事期間中の歩行者動線について
工事期間中は、キャンパス内の歩行者通路に制限が生じます。各校舎間の移動経路は概ね以下のとおりとなります。
各建物間の移動にあたっては案内表示を設置しますので、その表示をご確認のうえ移動してください。

以上