HOME > ニュース > 法政大学について > 法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント研究科 アカウンティング専攻の学生募集停止について


法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント研究科
アカウンティング専攻の学生募集停止について

2014年02月17日

このたび法政大学は、専門職大学院イノベーション・マネジメント研究科アカウンティング専攻について、2015年度から学生募集を停止することを決定しました。この学生募集停止につきましては、2013年12月19日のイノベーション・マネジメント研究科教授会の決議を経た上で、2014年1月15日の学校法人法政大学理事会にて決定し、在学生に対する説明会を経て、2014年2月13日に学生募集停止に関わる届出を文部科学省へ行いました。

本学は、2005年4月に会計大学院として専門職大学院イノベーション・マネジメント研究科にアカウンティング専攻を設置し、高度会計人材の育成に努めてまいりましたが、会計大学院に在籍していなくとも公認会計士等の資格試験を受験できることや、公認会計士試験の合格者数抑制傾向が続くという厳しい環境の中で、近年では入学者数の定員割れと公認会計士試験合格者数の低迷状況とが続いておりました。このような状況を踏まえ、本学の関係機関での検討を経て、2015年度から学生募集を停止するという決定にいたったものです。

今後は、専門職大学院において培ったこれまでの教育経験と知識を活かしながら、かつ従来の公認会計士講座をも包摂した高度会計人材育成のための新たなスキームを構築すべく、2014年4月1日から学部生を対象とした全学的な組織である「高度会計人育成センター」を設置し、このセンターを中心として本学における高度会計人材の育成を継続していく予定です。

また、学生募集停止後も、2014年4月に入学する新入生をはじめ、在学するすべての学生が修了するまでの間は、高等教育機関としての責務を果たすべく、これまでと同様に授業、教育支援および学生指導体制を継続してまいる所存です。つきましては、在籍者の皆さんは、資格試験合格等に向けて、引き続き学業に専念していただくようお願いします。

最後に、これまで本学専門職大学院イノベーション・マネジメント研究科アカウンティング専攻の運営等に多大なご支援とご協力を賜りました皆さま方には心から御礼申し上げるとともに、今回このような学生募集停止の決定にいたりましたことを何卒ご理解いただき、引き続きご支援・ご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

 

学校法人 法政大学
理事長 増田壽男