HOME > ニュース > 法政大学について > 小金井キャンパスの放射線量測定を行いました


小金井キャンパスの放射線量測定を行いました

2012年03月30日

小金井キャンパス中庭の竣工を控え、2012年3月19日(月)に法政大学イオンビーム工学研究所の協力のもとで放射線量の測定を行いました。

測定結果 :地点の線量は周辺地域と同程度であり、通常の活動において支障がないと考えます。

測定器 : ALOKA TCS-171 (137Cs線源を用いた機器校正を実施済み, 2011年8月26日)
測定条件 : 時定数 30秒、90秒後~120秒後までの数値の読み取り値
測定者 : 法政大学イオンビーム工学研究所

測定時間 場   所 高   さ
(cm)
放射線量
(μsv/h)
備   考
13:00~ ケヤキ門入り口 100 0.08~0.09 アスファルト
  北館自転車置き場 100 ~0.08 アスファルト
  北館・東館連絡通路 100 0.06~0.07 コンクリート
  東間食堂南 100 ~0.07  
  園庭、中央通路 100 ~0.04 通路、ベンチ
  園庭、中央 100 0.04~0.05 広場
小金井キャンパスの放射線量測定を行いました
小金井キャンパスの放射線量測定を行いました