HOME > ニュース > 法政大学について > 今夏の電力制限に向けた対応について―節電ガイドライン(小金井)―


今夏の電力制限に向けた対応について―節電ガイドライン(小金井)―

2011年06月29日

東日本大震災および福島第一原子力発電所事故の影響により、政府の電力需給対策本部は今夏の東北電力ならびに東京電力管内の需要抑制率を▲15%とすることを決定しました。
本学では以下のとおり、節電ガイドラインを実施しますので、ご協力願います。

I.節電ガイドライン

1.常時実施する対策
(1)廊下等共用部の照明は残置灯の点灯とします。
(2)廊下等共用部の空調は停止とします。
(3)教室・事務室等の不要な照明は消灯とします。
(4)教室・事務室等の不要な空調は停止とします。
(5)キャンパス内の冷房温度は28℃設定とします。
(6)エレベーターの運転は、2台ある棟は単独運転(人荷用を優先して停止)とします。※注1
(7)「節電対策 小金井キャンパス(2011.4.19)」等による節電を励行してください。特に西館マルチメディア系の未使用のパソコンの電源停止を徹底とします。

※注1 重量荷物の搬入及び身障者の対応については、特別措置として大型エレベーターの運転を実施すること。

2.電力使用ピーク時(11時~18時)の追加対策
(1)教員研究室の冷房を停止とします。(7月1日~9月22日までの間に限る。) ※注2
(2)実験室の実験は上記対象時間を避けて実施とします。

※注2 土曜・日曜についは事務室・研究室の冷房使用は可能(但し28℃設定を励行)。

3.上記1及び2による電力削減が目標値に届かない場合の対策
(1)廊下等共用部の照明を全て消灯とします。
(2)事務室の空調を部分停止とします。
(3)キャンパス内の空調を全て停止します。 ※注3

※注3 停止時間は30分単位とします。

II.対策実施期間

2011年7月1日(金)~9月30日(金)

III.備考

1.電力の使用状況により、対策を変更する場合があります。
2.6月1日(水)から30日(木)までをテスト運用期間として、上記節電ガイドラインをテスト実施します。
3.本ガイドラインは、診療所等を対象外と致します。