HOME > ニュース > 法政大学について > 「東日本大震災復興支援本部」を設置いたしました


「東日本大震災復興支援本部」を設置いたしました

2011年05月20日

法政大学は、東日本大震災における被災地の復興を支援するために、増田総長を本部長とする「東日本大震災復興支援本部」を設置いたしました。

本学ではこれまで、未曾有の被害を日本にもたらした大震災への対応として、学内において危機管理対策本部を早急に招集し、学生や保証人の被災状況の把握に努めるとともに、今回の震災により災害救助法が適用された地域で被災された在学生ならびに新入生を対象にした学費減免措置、「法政大学東日本大震災被災学生支援募金」の受付、メンタル面でのケアや施設の安全点検など、様々な施策を実施してきました。

被災地の復興に向けて、現在日本中が懸命に取り組んでおりますが、本学でも既に当ホームページでお知らせしている通り、「法政大学東日本大震災義援金」の募集を開始しているほか、多くの教職員、学生よりボランティアや様々な領域での支援の動きが出ております。

「東日本大震災復興支援本部」は、このような学内の様々な組織や個人の復興支援活動についての情報を収集、学内外へ発信するとともに、必要に応じた調整を行い、大学として大震災への復興支援活動をサポートすることを目的としています。

「持続可能な地球社会の構築に貢献する」ことを、大学の理念・目的に謳っている本学としては、これからも英知や技能を結集した、でき得る限りの復興への貢献を行っていく所存です。