HOME > ニュース > イベント > 「環境公開授業」開催のお知らせ


「環境公開授業」開催のお知らせ

2018年10月22日

法政大学では、教育研究をはじめとするあらゆる活動を通じ、地球環境との調和・共存と人間的豊かさの達成を目指し、全学を挙げてグリーンユニバーシティーの実現に積極的に取り組んでいます。

多摩キャンパスにおいても2004年度に多摩環境委員会を設置し、グリーン・キャンパス創造計画に基づいた様々な活動を行ってきました。

今年度の公開授業として、学生(他学部学生を含む)・教職員・近隣住民の方々を対象に下記のとおり公開授業を行います。多数の参加をお待ちしております。

◎参加費:無 料

◎申込方法:事前の申し込みは必要ありません。当日会場に直接お越しください。

日時・時限 担当教員・授業内容(概要) 会場・教室
11月14日(水)
13:45~15:25
(3限)
経済学部教授 山﨑 友紀「地球環境論B」
『ふくしまを語る あの時、そして今』
石田 守也氏(東京電力ホールディングス(株)立地地域部)
鈴木 聡博氏(同  上)
経済学部
103教室
①11月1日(木)
②12月6日(木)
15:35~17:15
(4限)
社会学部准教授 澤柿  教伸「地球と自然Ⅱ」
① 『地球の果てに息づく命たち』
  田邊 優貴子氏(国立極地研究所 助教)
② 『日本各地で頻発する自然災害と向き合う』
  平川 一臣氏(北海道大学名誉教授)
社会学部
B301教室
①11月15日(木)
②12月6日(木)
15:35~17:15
(4限)
現代福祉学部教授 図司 直也「地域経済論」
①『森ではたらく人たちの仕事』
  古川 大輔氏(株)古川ちいきの総合研究所)
② 『農山地で奮闘する若者のナリワイづくり』
  水柿 大地氏(みんなの孫プロジェクトクト代表取締孫)
  /岡山県美作市)
現代福祉学部
302教室

法政大学多摩キャンパス(所在地:東京都町田市相原町4342)
JR中央線「西八王子駅」よりバス22分、京王線「めじろ台駅」よりバス10分、JR横浜線「相原駅」よりバス13分