HOME > ニュース > イベント > 【大原社会問題研究所】第27回国際労働問題シンポジウム「ディーセントな雇用創出と雇用制度改革」(10/9)


【大原社会問題研究所】第27回国際労働問題シンポジウム「ディーセントな雇用創出と雇用制度改革」(10/9)

2014年09月10日

大原社会問題研究所は、第27回国際労働問題シンポジウムを10月9日(木)午後に法政大学市ケ谷キャンパス・ボアソナード・タワー 26階(スカイホール)で開催します。テーマは、「ディーセントな雇用創出と雇用制度改革」です。

国際労働問題シンポジウムは、毎年のILO総会の議題のなかから、日本との関係で興味ある議題を取り上げてきました。今年は、第6議題「雇用の戦略目標に関する反復討議」をとりあげ、総会での議論や結論の内容・意義、日本の課題について議論します。今年のシンポジウムでは、雇用政策、雇用創出、ディーセントワーク等に関する問題を中心に議論が行われます。なにとぞ奮ってご参加くださるよう、お待ちしています。

詳しくは、下記PDFを参照願います。