HOME > ニュース > イベント > 法政大学教職課程センター開設記念多摩シンポジウム「地域とともに育つ教員養成をめざして」(11/16)


法政大学教職課程センター開設記念多摩シンポジウム「地域とともに育つ教員養成をめざして」(11/16)

2012年10月29日

多摩シンポジウム

本学における「教職課程センター」の開設を記念して、7月に開催しました市ヶ谷キャンパスにおけるシンポジウムに続いて、多摩キャンパスでもシンポジウムを開催します。
学内外の多くの皆さんのご参加をお待ちしています。

開催趣旨

今日の学校教育を取り巻く様々な困難・課題を乗り越えていくにあたって不可欠な視点は、学校にとどまらない多様な子育て・教育の主体・専門家が信頼しあえる関係性を構築し、子ども・若者がその社会的ネットワークに支えられて学び育つ環境をつくっていくことではないでしょうか。ここで学校や教師は、教育に関わる最も専門的な機関・主体として、この信頼関係、ネットワークづくりの中核的担い手の一つに育っていくことが求められているはずです。

今後の大学における教員養成もまた、こうした学校像・教員像を展望しつつ、大学を取り巻く地域社会とその多様な教育主体・関係者との信頼関係・ネットワークづくりのもとで、未来の教師を育成していく使命があると考えられます。

幸い法政大学多摩キャンパスは、町田市、八王子市、相模原市の三市に接する位置に立ち、大学近隣の豊かな子育て・教育実践現場や活動に恵まれています。教職課程センターの設立を契機に本キャンパスにおける教員養成をあらためてダイナミックに展開していくことをめざして、本シンポジウムを企画しました。

パネラーには、町田市、相模原市、八王子市の三市の学校・地域で、すぐれた教育、子育ての実践に携わってこられた方々に参加いただき、教職課程センター長尾木直樹氏とともに、これからの時代を生き抜く教員と学校について語り合います。

日時 11/16(金) 17:00~19:30(16:30 受付開始)
場所

法政大学 多摩キャンパス7号館 大教室B棟 B301教室

参加費 無料
プログラム

ミニ講演「地域とともに育つ子供・教師・学校」
-尾木直樹(法政大学教職課程センター長)-

パネルディスカッション「これからの学校・教師・地域社会」
●パネリスト
篠崎純子さん(相模原市公立小学校元教論)
石川ゆかりさん(八王子市市民・保護者)
石野由香里(法政大学多摩ボランティアセンター・コーディネーター)
尾木直樹(法政大学教職課程センター長)
●コーディネータ
平塚眞樹(法政大学社会学部教授)

申込方法 【一般/卒業生の方】事前申込不要
【法政大学学部生/大学院生の方】各キャンパス下記窓口へ
 多摩キャンパス 教職課程センター多摩相談室(総合棟2階)
 市ケ谷キャンパス 教職課程センター(富士見坂校舎3階)
 小金井キャンパス 理工学部事務窓口
主催 法政大学教職課程センター

お問い合わせ

法政大学教職課程センター
TEL:03-3264-5562(受付:月~金 10:00~18:00)
(市ヶ谷)〒102-8160 東京都千代田区富士見2-17
(多摩)〒194-0298 東京都町田市相原町4342