HOME > ニュース > イベント > 第3回市民主権・地域主権フォーラム「地域主権時代の新しい公共」(6/28)


第3回市民主権・地域主権フォーラム「地域主権時代の新しい公共」(6/28)

2012年06月04日

開催趣旨

2011年3月11日に発生した東日本大震災、貧困から餓死をも招く経済不況、支え合いを失わせる財政悪化やコミュニティ崩壊。不安で閉塞感に満ちた社会であるからこそ、既成の概念や仕組みにとらわれない政策形成や市民(住民・NPO・企業等)の活動が必要となっています。そして、次代の日本社会は、「地域主権」という方向に動きつつあり、政府部門を越えたNPO等の「新しい公共」の活躍を期待するようになっています。また、市民が自治の取組みを豊かにするとともに、市民と行政が協働し、地域と国が協働して、社会・経済基盤の再構築を図ることが重要となっています。

「第3回市民主権・地域主権フォーラム」は、次代が求める日本社会の再構築に向けて希望を拓くべく、法政大学大学院中小企業研究所と市民活動情報センターとが共催して開催いたします。

日  時 2012年6月28日(木)13:30~17:00(開場13:00)
交流会17:10~18:30
会  場 法政大学 ボアソナード・タワー26階スカイホール
東京都千代田区富士見2-17-1(市ヶ谷駅又は飯田橋駅下車徒歩10分)
参加費
(資料代)
1,000円、交流会費:3,000円
主  催 法政大学大学院中小企業研究所 NPO法人市民活動情報センター
後  援 地域活性学会

※プログラムの詳細はこちらのホームページをご覧下さい

チラシ(PDF)

内容

※プログラム、登壇者の一部は変更する可能性があります。あらかじめご了承ください。

総合司会

  • 古賀 学 (松蔭大学観光文化学部教授、観光文化研究所理事長、
          前(社)日本観光協会総合研究所長)

開会挨拶・趣旨説明

  • 今瀬政司(市民活動情報センター代表理事、
          法政大学大学院政策創造研究科兼任講師)
          「地域主権時代の新しい公共 希望を拓くNPOと自治・協働改革」

基調講演1

  • 清成忠男(法政大学学事顧問・元総長)
          「地域創生へのビジョンと住民・NPOの役割」

基調講演2

  • 坂本光司(法政大学大学院政策創造研究科教授・
          法政大学大学院中小企業研究所長)
          「地域を元気にする未来型中小企業・NPOとは」

パネルディスカッション 「地域主権時代の新しい公共」

  • 青木信之 (内閣府大臣官房審議官(経済社会システム担当、新しい公共担当))
  • 京極 務 (大阪市都市改革監、大阪府市統合本部本部員)
  • 荷川取 隆(沖縄県浦添職業能力開発校副参事)
  • 今瀬政司(同上)
  • 今田忠(市民活動情報センター特別研究員、市民社会研究所所長、元日本NPO学会会長) <コーディネーター>
  • 清成忠男(同上)<コメンテーター>

閉会挨拶

  • 坂本光司(同上)

交流会

参加申し込み

下記の専用申込サイトからお申込み頂けます。

お問い合わせ

法政大学大学院中小企業研究所
事務局:株式会社エイチ・ユー(法政大学関連会社)教育事業部内
担当:白石
TEL 03-3264-6097
Email info@hosei-web.jp