HOME > ニュース > イベント > サイエンスカフェ「パワーとエネルギー」オープンいたします(12/19)


サイエンスカフェ「パワーとエネルギー」オープンいたします

2011年12月05日

サイエンスカフェ「パワーとエネルギー」オープンいたします
開店の時間 2011年12月19日(月)
18:30(1時間ほど)
場   所 法政大学市ケ谷キャンパス
ボアソナード・タワー9階 サイエンスルーム
テ ー マ 「節電」‐夏と冬‐


ご案内

歴史に残る「東日本大震災」の年も暮れようとしています。多くの人が予想だにしなかった福島原発事故の結果、放射能について意識が高まり、各地で汚染検査・汚染対策が進んでいます。
でも私たちは事故と引き続く事態で明らかになったもう一つの大きな問題について目を向ける必要があるのではないでしょうか? それはこれからのエネルギー問題です。ほとんどの国民が、心情的には脱原発を願っているでしょう。でもどのようにしたら脱原発が達成できるのか? これまで議論が進んでいるとは決して言えません。
これからの日本社会を考えるには、市民が、あるいは日本国民全員が、エネルギーについての理解を深め、どのようにすれば効率的で皆が幸せを感じる省エネルギー社会を作れるのか、どのように代替エネルギーを確保していくのか、考えていかなければなりません。エネルギー問題を皆で考える、「考エネルギー社会」の構築が求められているのです。

そこで法政大学自然科学センターは、その活動の一環として、サイエンスカフェ「パワーとエネルギー」を立ち上げることにしました。
カフェは随時オープンし、店長が簡単にその日のテーマについて解説をします。その後カフェの来客と店長、場合によっては来客の皆様同士が自由な会話を持ち、来客も店長もともに、エネルギーについての理解を深めていく、そのような場を考えています。エネルギー問題についての交流の場として、活動の輪を広げていくことにより、これからの日本のエネルギー政策に、一石を投じることができるかもしれません。
店長は通常法政大学自然科学センタースタッフが当たりますが、常連客の希望も取り入れながら、客員店長も随時招待していきたいと思います。来客はこれを読んで面白そうだと思ってくれたあなた、その友人たち。エネルギーについて不安や興味を持つ、すべての方が来客として歓迎されます。ぜひお誘いあわせの上、カフェを覘いてみてください。特別の場合を除き、カフェは無料といたします。

【問い合わせ】
常任店長:法政大学自然科学センター 小池康郎
連絡先:koike@hosei.ac.jp 
電話03-3264-4142 (自然科学センター)

今回のテーマ 節電‐夏と冬
今後予定するテーマ
  • エネルギーって何だろう
  • 日本のエネルギー消費の実態
  • エネルギーの根源‐太陽‐
  • 自然エネルギーあれこれ
  • 原子力って?
  • 交通‐大きな省エネが期待できるもの