HOME > ニュース > イベント > 言語・文化センター主催企画「文化/イメージ」第4回 大衆音楽と社会(11/30)


言語・文化センター主催企画「文化/イメージ」第4回 大衆音楽と社会(11/30)

2010年10月29日

1960年代以降のロック、ソウル、フォークなどの大衆音楽が当時のイギリス社会に与えた影響についてピーター・バラカン氏が解説します。

講師:ピーター・バラカン氏

講師略歴:
1951年ロンドン生まれ。
ロンドン大学日本語学科を卒業後、1974年に音楽出版社の著作権業務に就くため来日。

現在フリーのブロードキャスターとして活動、“Barakan Morning” (インターFM)、「ウィークエンド・サンシャイン」(NHK-FM)、「CBS60ミニッツ」(CS ニュースバード)、「ビギン・ジャパノロジー」(NHK BS1)、「ライフスタイル・ミュージアム」(東京FM)などを担当。

著書に「200CD ブラック・ミュージック」(学研)、「わが青春のサウンドトラック」(ミュージック・マガジン)、「猿はマンキ、お金はマニ」(NHK出版)、「魂(ソウル)のゆくえ」(アルテスパブリッシング)、「ロックの英詞を読む」(集英社インターナショナル)、「ぼくが愛するロック名盤240」(講談社+α文庫)などがある。


司 会 宇治谷義英(国際文化学部准教授)
日 時 2010年11月30日(火)午後5時?7時
場 所 法政大学市ケ谷キャンパス
ボアソナード・タワー26階 スカイホール
入場料 無 料(要申込)


事前に法政大学言語・文化センターまでEメールにて、(1)お名前、(2)本学学生教職員の方は所属・学年、(3)ご連絡先Eメールアドレスを添えてお申し込み下さい。後ほど当センターより整理番号を付した確認メールを返信いたします。当日ご来場の際には、整理番号とお名前を受付にてお申し出ください。

なお、会場の収容定員を超えた場合には、大変恐縮ですが、お申込みをお断りさせていただくことがありますので、あらかじめご了承お願いいたします。

[お問い合わせ・申込先]
法政大学言語・文化センター
E-mail:genbun-cent@ml.hosei.ac.jp
TEL:03-3264-4742