HOME > ニュース > キャンパスライフ > 自転車ロードレースのプレジデンシーツアーで早川選手がU23で1位


自転車ロードレースのプレジデンシーツアーで早川選手がU23で1位

2011年06月06日

5月25日(水)~29日(日)、イランのテヘランでプレジデンシーツアーが開催されました。
1チームあたり4人編成で行う自転車競技のロードレースで、1200mの高地からスタートし最高3400m地点まで登り、140kmを毎日走破する過酷なレースです。

この大会に日本代表メンバーの1人として早川朋宏さん(法学部4年)が参加し、U23(23歳以下)で初日と最終日に1位を記録、U23のリーダージャージを獲得しました。
リーダージャージは毎日のステージごとに個人総合タイム1位の選手が獲得し、翌日のレースで着用するものです。
早川さんは「標高が高いながらも初日から調子がよく、いい結果につながりました。学生最後の年でもあるので、9月1日(木)~3日(土)に開催されるインカレで総合優勝を目指したい」と目標を語りました。

6月4日(土)には全日本学生選手権チームロードレースが利根川上流域で開催され、早川さんを含む4人1チームが参加し、3位に入賞を果たしました。

「今年で50回目を迎えたこの大会は、これまで本学が1度だけ優勝を経験しています。私が選手として参加した(1978年)から優勝が途絶えており、なんとか優勝を飾れるよう、これからも選手の指導にあたりたい」と、都甲明憲監督(1981年経済学部卒)は話しました。

<参加選手>
早川朋宏さん(法学部政治学科4年)
鈴木近成さん(経営学部経営学科3年)
村崎海岳さん(文学部地理学科3年)
箭内優大さん(経済学部経済学科2年)

なお、6月5日(日)に同会場で行われた全日本学生個人ロードタイムトライアル自転車競技大会でも、クラス3で前川剛大さん(経営学部経営学科4年)が2位に入賞しました。

今後とも自転車競技部の活躍にご期待ください。

早川朋宏選手

早川朋宏選手

全日本学生選手権チームロードレースの競技風景

全日本学生選手権チームロードレースの競技風景